はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / 新情報 / 【レビュー】TOSHIBA『コエステーション』で自分の声をつくろう!

【レビュー】TOSHIBA『コエステーション』で自分の声をつくろう!

新情報 アプリ活用術  この記事は約5分で読めるよ

 

【レビュー】TOSHIBA『コエステーション』で自分の声をつくろう!

最近リリースされたTOSHIBA製のアプリ『コエステーションで自分の声の分身を作り出せるんです。

自分自身の声データを作って好きな文章をしゃべってもらえます!

でも実際、声を作ってどうするの?って思う人もいますよね。

自分でも使ってみたので、ぜひチェックしてくださいね!

 

まずは公式動画をチェック!

※このムービーのナレーションも音声合成だそうです!

 

広告

「コエ」をデータ化!自分の分身を作り出すアプリ

コエステーションは、簡単に言うと、文章を自分の声で読んでもらえるアプリです。

アプリに自分の声データ「コエ」を覚えさせることで、AIが本当に自分がしゃべっているように音声を発してくれます。

メールやチャット、文字を使ったコミュニケーションが多い中、それらがすべて自分の声で発せられると考えるとどうでしょうか?

2018年4月にリリースされ、新しいもの好きな人にはすでに注目されています。

ぜひ、みなさんも試してみて、新しい感覚を試してみてくださいね!

 

コエステーションの評判は?

まずは、コエステーションをすでに使っている人の評判ですが、「面白い!」の一言が多かったです。

Twitterをのぞいて見ると、次のようなツイートがたくさんされていました。

https://twitter.com/imasirooo/status/986212245423079424

このように自分の「コエ」をみなさんがシェアしています。

ちょっとロボット的な音声が多い中、似ている人と似ていない人がいるようです。

でも、様々な文章を読み聞かせることで、どんどん自分の「コエ」データを成長させることができます。

 

どんな時に使える?

ここで気になるのが、一体この「コエ」をどこで使うのか?ということです。

一般的にこんな時に使えると言われているのが、次の7つ。

誤解が起きやすい仕事の連絡をコエで行う

子供の頃の声を記録して、思い出として残す

ゲームやアニメの声を自分の声にする

好きな人の声でニュースや本を読んでもらう

SNSやメールでのコミュニケーションをコエで行う

英語学習にいろいろな人の例を使える

ロボットにコエを組み込む

 

実際に使ってみた>>

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ