はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / iPhone入門 / iCloudDrive(アイクラウドドライブ)アプリを使って保存しているファイルを確認する方法

iCloudDrive(アイクラウドドライブ)アプリを使って保存しているファイルを確認する方法

iPhone入門 アプリ活用術 2015.12.02   この記事は約3分で読めるよ

iCloudDrive(アイクラウドドライブ)アプリを使って保存しているファイルを確認する方法

iCloud(アイクラウド)はアップルがおこなっているクラウドサービスです。
クラウドサービスとは、インターネット上にあるサーバーに個人のファイルを保存できるサービスで、iPhone(アイフォン)ユーザーであれば、馴染みのあるサービスではないでしょうか。

 

iPhone(アイフォン)では、電話帳や写真のバックアップとしての利用がメインとなりますが、実は、書類などのファイルも保存でき、iPad(アイパッド)やMac(マック)などとファイルの共有することが可能です。
今回は、バックアップ以外でのiCloudの使い方をご紹介します。

 

Dropboxを使ったオフィスファイルを扱う方法はこちら
Android版Dropboxがバージョンアップ!Word/PowerPointファイルを直接開けるように

 

iCloudDrive(アイクラウドドライブ)アプリを使い方

iCloudDrive(アイクラウドドライブ)のアプリは、iOSデバイスでは標準搭載されたアプリです。
しかし、デフォルトの設定では非表示になっているので、iCloudDrive(アイクラウドドライブ)アプリが存在があまり知られていません。

iCloudDrive(アイクラウドドライブ)のアプリをホーム画面に表示させるやり方をご紹介します。

iCloud1

まず、「設定」を開き、「iCloud(アイクラウド)」をタップします。

iCloud2

「iCloud(アイクラウド)」のメニューの中に「iCloudDrive(アイクラウドドライブ)」があるので、タップします。

iCloud3
ここで、「iCloudDrive(アイクラウドドライブ)」をオンにします。これをオンにすることで、連動するアプリに許可を与えます。
そして、下の「ホーム画面に表示」をオンにすることでホーム画面に表示されます。

iCLoud4
iCloudDrive(アイクラウドドライブ)のアプリはこのような感じで作成したアプリごとにフォルダ分けされ、中に保存されているファイルが入っています。ファイルをタップすると、ファイルの中身が表示され、書類関係であれば、閲覧モードでファイルの確認がおこなえます。

 

iCloudDrive(アイクラウドドライブ)アプリと連動するアプリ

iCloud5

iCloudDrive(アイクラウドドライブ)と連動するアプリとしては、「Pages(ペイジーズ)」、「Numbers(ナンバーズ)」、「Keynote(キーノート)」があります。

外出先で、iCloudDrive(アイクラウドドライブ)アプリに保存しているファイルを確認しても、iCloudDrive(アイクラウドドライブ)アプリ上ではファイルの編集ができないので、各アプリからiCloud(アイクラウド)に接続してファイルを編集する必要があります。
そのため、iCloud(アイクラウド)にファイルを保存している人は、この3つのアプリを入れておいたほうがいいのかもしれません。

 

Dropboxを使ったオフィスファイルを扱う方法はこちら
Android版Dropboxがバージョンアップ!Word/PowerPointファイルを直接開けるように

to-column-index


 

関連コラム

関連Q&A

答えてQ&A

あんどろっぷは、スマートフォンの疑問や問題を、質問して解決できる
国内最大級のスマホQAサイトです。

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ