はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / 通話 / 電源ON・OFF、マナーモード、電話の取り方。 アンドロイドデビューしたらまず覚える基本操作3点セット

電源ON・OFF、マナーモード、電話の取り方。 アンドロイドデビューしたらまず覚える基本操作3点セット

通話 スマホ入門 その他  この記事は約3分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

こんにちはー。

アンドロイドを初期化して身軽になったわたし。空き容量はまだ半分近くあるし、夢が広がります。

では購入直後はもっと夢があったかというとそうでもなく、当時は電話の取り方も分からず、右往左往してたんですよね。完全、手探りの日々でした。

 

あのとき、「購入したらやることリスト」があればよかったのに。

まず、電話の出方を教えてもらいたかった。ロックナンバーの設定だって、指導してほしかった。スリープモードの操作方法を知っていれば、間違い電話もしてなかったはず…。

 

これからアンドロイドデビューする人には私と同じ轍を踏まずに済むよう、今日から「アンドロイドの必要最低限の機能」および「設定すること」など、「アンドロイドを買ったらやることリスト」を作成していきます。購入直後に綴った要領を得ない体験記事と違い、端的にまとめますぜ!

アンドロイド入門シリーズ

http://andropp.jp/category/other/beginner/

まず今回は、「電話を取る」「マナーモードにする」「電源をON・OFFにする」――これらの基本操作3点セットを写真つきでご紹介します!

 

【電源ON・OFFと、マナーモードにする方法】

電源ボタン「⊖」を長押し(※1)すると、次の画面が出てきます。

「マナーモード」

「機内モード」

「電源を切る」

 

ここで「電源を切る」を押すと、電源がOFFになります。電源をONにする時も、ここを長押しします。ちなみに機種によっては、「再起動する」という項目もあります。

 

さて、このメニュー画面から「マナーモード」という文字に軽く触れる(※2)と、着信音が鳴らず、振動するようになります。

 

マナーモードにする別の方法としては、上にあるバーを指で下にずり下げます(※3)。

 

そして、写真のスピーカーホンふうのマークにポンッと触れます(※2)

マークが変わりましたね!ブルブル震えるマーク。見ての通り、これで着信が来ても音は鳴らず、震えてくれます。

ちなみに「機内モード」とは、電波の入らない状態にすること。夜中にメールの振動で起きたくないときは、ここをOFFにするとよいでしょう。

 

【スリープモードにする】

アンドロイドの画面を知らないうちに触ってしまい、どこかに電話していた……というミスはデビュー直後にやらかしがち。こうした誤操作を防ぐには、「電源ボタン」を軽く押して、スリープモードにすること。スリープモードにすると、画面が真っ暗になり、画面を触れても何も操作されなくなります。

 

【電話の取り方】

電話がかかってきました!

アンドロイドの場合、ボタンはありません。

さあどうするか?

 

画面をよくよく見ると、左に緑色の受話器が上がったマーク、右に赤色の受話器が横になっているマークがありますね。

電話をとるときは、緑色のマークに指を置き、赤色のマークの方向に引っ張ればいいだけ。サーッと。簡単でしょ?

 

ハイ、今日はここまで!

電話を取る、マナーモードにする、電源をON・OFFにする。これらの必要最低限の基本操作3点セットを覚えていれば、まず安心。次回も引き続き、大事なボタンの機能ご紹介します。

 

※1:項目やキーなどに指を触れた状態を保つこと、要は長く押すことを「ロングタッチ」といいます。

※2:逆に、ポンッと軽く触れてすぐに指を離すことを「タップ」といいます。ちなみに2回連続で同じ位置をタップする操作は「ダブルタップ」。

※3:画面に軽く触れたまま目的の方向になぞることを「スライド」または「ドラッグ」といいます。


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ