はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / ガジェット・アクセサリー / Ankerのモバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」がスゴイ!1個で2役の便利ツール!

Ankerのモバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」がスゴイ!1個で2役の便利ツール!

ガジェット・アクセサリー  この記事は約6分で読めるよ


▲当サイト提供のイベント(会場:東京 田園調布)▲



(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

今回は、Ankerのモバイルバッテリーでとても便利なモバイルバッテリーが登場していたのでご紹介したいと思います!

最近は電子機器の種類が多いのでモバイルバッテリーを持ち歩く人が多くなってきたと思いますが、モバイルバッテリーにも種類がたくさんあって、一体何がいいのかわからないということもあると思います。

仕事に行くときや遊びに行くとき、または旅行に行くときなど、様々な面でモバイルバッテリーは活躍しますが、どんなモバイルバッテリーにするかでケーブルの量やコネクタなど、荷物が増えたり、かさばったりと、、、

そんな中で、「これさえあれば十分じゃん!」と思えるようなモバイルバッテリーを発見しました!

広告

Anker PowerCore Fusion 5000

今回、ご紹介するのは最近モバイルバッテリーやケーブル類で評価の高い会社Ankerが発売したモバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」というモバイルバッテリーです。

Ankerのモバイルバッテリーは低価格の割に高性能で容量が多いというものが目立ちますが、今回は容量は5,000mAhということでそこまでですが、使い勝手がいいという面でとても素晴らしいものでした。

そんな「Anker PowerCore Fusion 5000」の機能とモバイルバッテリーを選ぶときはどこを見たらいいのかなどを中心にご紹介していきます。

モバイルバッテリーの容量の目安

まず、モバイルバッテリーの容量の見方ですが、Amazonで買うときだと画像のように5,000mAhというような文字が記載されていたり、店頭で買う場合も箱に必ず書いてあると思います。これがモバイルバッテリーの充電容量でこれぐらいの電力が蓄えられますよという印になります。

では一体、AndroidやiPhone、タブレットやノートパソコンとある中でどの機器がどの程度の充電容量が必要なのか説明していきます。

  • ・iPhone、Android → 約3,000~4,000mAh
  • ・iPad、タブレット → 約4,000~5,000mAh
  • ・ノートパソコン  → 約10,000mAh以上

というような容量が基本的な目安になってきます。もちろん、機器によって誤差はありますが、大体、機器のサイズが大きくなってきたら、その分充電容量も必要ということです。

今回の「Anker PowerCore Fusion 5000」は5,000mAhということなのでiPadやタブレットまでなら充電することが可能です!

 

出力表示で充電速度と対応を見る!

モバイルバッテリーを見るときに次に重要なのが、出力表示で出力2.0Aと書いてあります。

例えば、モバイルバッテリーからスマホを充電する際の速度がわかります。モバイルバッテリーを使用するときに充電がきれてしまって、すぐに充電したいけどめちゃくちゃ遅い!ってならないように確認しておく必要があります。

最近のモバイルバッテリーは基本的に出力2.1Aの物が多いのでそこまで気にすることはないですが、安いものだと未だに出力1.0Aの物などがあるので注意してください。

さらにiPadやタブレットは出力が2.1A以上でないと充電することができません。

「Anker PowerCore Fusion 5000」はAnker社が開発した独自技術のPowerIQという技術が搭載しており、接続する機器に応じて、最大速度で給電することができます。

 

コンセントと繋ぐコネクタにもなる。

「Anker PowerCore Fusion 5000」で注目したいのがこのコンセントと繋ぐコネクタにもなるというところで、私はiPhoneを使っているので充電する際にはコネクタが必要になっていました。

このようなコネクタをコンセントに挿して、ケーブルと繋ぎ、iPhoneを充電したり、モバイルバッテリーを充電する必要がありましたが、「Anker PowerCore Fusion 5000」ではそれが一体になっているのでコンセントに挿すコネクタが必要ありません。

メリットとしては、

  • コンセントに挿しながら、モバイルバッテリー自体も充電してくれるので、モバイルバッテリーの充電し忘れがない。
  • コネクタが必要ない。

という2点があると思います。一つ目がとても魅力的でスマホなどを充電しながら、モバイルバッテリーも充電できるのでわざわざ、単体で充電する必要がありません。

スマホだけ充電してモバイルバッテリーを充電しておくの忘れたなんてことは日常茶飯事なのでとても魅力的ですよね。

 

気になる大きさは?

大きさは写真のようにクレジットカードぐらいのサイズです。このサイズであれば、持ち運びにも困らず、コンセント部分も折りたためるようになっているので「Anker PowerCore Fusion 5000」とケーブルさえ持っていれば、どこでも充電することができます。

充電ポートも2つ搭載なので2台同時に充電することが可能です。

 

最後に

Ankerのモバイルバッテリーは充電容量や機能の割に、サイズも小さく、値段も安いというところが最大の魅力だと思います。

今回の「Anker PowerCore Fusion 5000」も5,000円ほどで購入することができるのに充実した機能を持っていると思います。

欲を言えば、充電容量が5,000mAhではなくても、10,000mAhぐらいあればいいのにと思うことがありますが、

iPhoneであれば1.5回、タブレットなら1回充電できると思えば十分な量だと思います。

今後もっと充電容量の大きいモバイルバッテリーも出てくると思うのでそれも楽しみですね!

もし、モバイルバッテリー選びに迷っている際は「Anker PowerCore Fusion 5000」を検討してみてください!

▶ Anker 公式サイト

▶ Amazonで購入

【あわせて読みたい記事】
▶  iPhoneのデータをバックアップするフラッシュドライブ
▶  iPadも4台まで同時充電可能なハイパワーUSB-ACチャージャー「TAXAN MeoPower Quattro」


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ