iPhoneのデータをバックアップするフラッシュドライブ

iPhoneのデータをバックアップするフラッシュドライブ

大事な写真や動画が入っているiPhone。
もしもの場合を考えて、バックアップはしておきたいところです。

しかし、バックアップをするにはiCloud(アイクラウド)を使った場合、パケット通信量を消費してしまいますし、iTunes(アイチューンズ)を使ったバックアップだとPCを用意しないといけない手間があります。

そんな悩みを解決するのが、サンディスク iXpand フラッシュドライブです。
このフラッシュドライブで何が出来るのかをご紹介します。

気軽にバックアップ

sandisk-ixpand-flash-drive-32gb

iXpand フラッシュドライブはiPhoneに差し込むだけで自動で写真や動画を転送するすぐれものです。
本体容量も16GBから32GB、64GB、128GBまで種類があるので、保存したい容量に合わせて選べます。

もし、iPhoneの本体容量が写真や動画で埋め尽くされていれば、このフラッシュドライブにデータを移せば、メモリー不足を解消してくれます。

フラッシュドライブ内のデータはいつでも直接再生

iXpand フラッシュドライブに転送したデータは、iPhoneやiPadに接続すれば、直接再生をしてくれるので、写真や動画を見たい時は、フラッシュドライブさえ接続すれば、いつでも確認をすることが可能です。

また、USB端子を備え付けているので、PCとの通信も可能で、PCとiPhone(アイフォン)、iPad(アイパッド)間で写真や動画をやり取りする場合にも便利な周辺機器です。

PCデータもiPhone、iPad上で直接再生が可能なので、PCから取り入れた写真や動画を相手に見せたい時にも便利です!

バックアップするだけではなく、データのやり取りにも使えるので、ビジネスシーンやプライベートシーンなどでも活躍をしてくれます。

⬇あわせて読みたい記事⬇
◎ GoogleDriveを使ってスマホとPCでファイルの転送と編集する方法


iPhone入門カテゴリの最新記事