はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / SIMカード / デュアルSIMスロットのメリット/スマホ

デュアルSIMスロットのメリット/スマホ

SIMカード スマホ入門  この記事は約3分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

広告

デュアルSIMスロットのメリット/スマートフォン

SIM 1
携帯電話に必ず挿入されている「SIMカード」をご存知でしょうか。
SIMカードのICチップには契約情報が記憶されており、携帯電話は、ICチップに記憶されている契約情報を元に通信をおこなうのです。

そのため、携帯電話がもし、壊れてしまった場合でも、中古ショップやSIMフリーで購入した携帯電話にSIMカードを差し込めば、今まで使ってきた電話番号や契約内容で通信をおこなうことが可能です。

日本で多く販売されている携帯電話は、基本的に1台に1枚のSIMカードしか差し込めない端末が多いのが現状です。

しかし、海外で販売されている携帯電話の多くは、1台に2枚のSIMカードが差し込めるデュアルSIMスロットを採用した端末が多く、SIMカード2枚を使い分けた使い方が可能なのですね。

では、デュアルSIMスロットとは、デュアルSIMスロットのメリットとは何なのでしょうか。

 

デュアルSIMを採用したFREETELの端末はこちらの記事を参考に

SIMフリースマートフォンを販売するFREETEL(フリーテル)の魅力

 

デュアルSIMスロットの存在意義

MIYABI 3

日本の携帯電話の場合は、キャリアが販売する携帯電話にキャリアが提供するSIMカードを差し込んで使うスタイルだったので、デュアルSIMスロットの携帯電話の必要性がありませんでした。

海外では、携帯電話本体は単体で販売されるので、1台で複数のSIMカードを使うのが当たり前なのですね。

その波は日本にも上陸しており、MVNOの登場で、キャリアの選択肢が大幅に増えました。
例えば、デュアルSIMスロットの携帯電話を購入すれば、電話はAというキャリアを選択し、データ通信は安いMVNOで契約をすれば、デュアルSIMスロットを使って、携帯電話の料金を節約することができます。

海外でも本領を発揮するデュアルSIMスロット

海外旅行の際の携帯電話は悩みの種と感じることはないでしょうか。
グローバルローミングサービスが充実しているので、多くの国に日本で契約をした携帯電話を持っていっても、通話やデータ通信をおこなうことは可能ですが、通話料もデータ通信も高すぎるデメリットがあります。

そこで、SIMロックを解除した携帯電話を持っていけば、現地のキャリアとプリペイド契約をすれば、現地の安い料金プランで利用可能になります。
しかし、シングルSIMスロットの携帯電話だと、日本のキャリアと契約を結んだSIMカードを抜かないといけないので、SIMカードを抜いている間の電話やメールを受け取ることができません。

デュアルSIMスロットであれば、スロット1に日本のキャリアと契約を結んだSIMカード、スロット2に現地キャリアのSIMカードを差し込めば、電話番号そのままで現地のSIMカードでデータ通信がおこなえるメリットがあります。

 

デュアルSIMを採用したFREETELの端末はこちらの記事を参考に

SIMフリースマートフォンを販売するFREETEL(フリーテル)の魅力


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ