はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / 新情報 / MVNOでも余ったデータ通信量の繰越が使える「NifMo(ニフモ)」

MVNOでも余ったデータ通信量の繰越が使える「NifMo(ニフモ)」

新情報 SIMカード  この記事は約3分で読めるよ


▲当サイト提供のイベント(会場:東京 田園調布)▲



(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

nifmo_by_logo

MVNOでも余ったデータ通信量の繰越が使える「NifMo(ニフモ)」

約150社が参入しているMVNO(エムブイエムオー)業界。各社が独自のサービスなどを展開し、顧客を集めようとしています。その中で目立ったサービスをおこなっているのが、ニフティがサービスをおこなっている「NifMo(ニフモ)」です。

NifMo(ニフモ)は、インターネットプロバイダが提供するサービスなので、あまり目立つMVNO(エムブイエムオー)事業者ではないのですが、独自サービスなどを目玉に存在感を醸し出しています。

では、NifMo(ニフモ)がどのようなMVNO(エムブイエムオー)事業者なのか詳しく見ていきましょう。

NifMo(ニフモ)について詳しい詳細は「こちら」のサイトで見れます。

 

SIMフリースマートフォンも取り扱うMVNO「FREETEL」に興味がある方はこちらの記事を参考に↓

SIMフリースマートフォンを販売するFREETELの魅力

 

広告

■余ったデータ通信量を翌月に繰り越しできる「NifMo(ニフモ)」

NifMo(ニフモ)の大きな特徴として、余ったデータ通信量を翌月に繰り越しができるポイントがあります。これは、3GBプラン以上のプランから対応しており、例えば、その月に1GBしか使わなかった場合は、残りの2GBを翌月に繰り越しができるので、翌月は同じ利用料金で5GB使用することが可能となります。

また、NifMo(ニフモ)では、公衆無線LANサービスの「BBモバイルポイント」も無料で利用ができる特典があるので、外出先でBBモバイルポイントを利用すれば、データ通信容量の節約にもなります。

 

■格安スマホ初心者にも優しいサポート体制:「NifMo(ニフモ)」

格安スマホと言えば、それなりの知識が必要と思われがちですが、NifMo(ニフモ)は格安スマホ初心者に優しいMVNO(エムブイエムオー)事業者と言えます。

格安スマホの大きな難関として、SIMフリースマートフォンがあります。通常の場合は、家電量販店などで購入するのですが、NifMo(ニフモ)では、初心者が比較的に購入しやすい価格帯のスマートフォンを取り揃えています。もちろん、分割払いにも対応しているので、大手キャリアのような購入の仕方も可能です。

機器トラブルに対応する「NifMoあんしん保証」を使えば、購入したスマートフォンがもしも壊れた場合に交換機と交換することもできるので、スマートフォントラブルのサポート体制も整っています。
また、設定がわからない初心者向けには、「NifMo訪問レクチャー」と言うサービスもおこなわれており、購入後24ヶ月以内であれば、スマートフォンの接続や設定、操作方法の説明をご自宅で受けることができます。

NifMo(ニフモ)はインターネットからの申し込み以外にも家電量販店で販売されているので、比較的に購入しやすいMVNO(エムブイエムオー)と言えるでしょう。

SIMフリースマートフォンも取り扱うMVNO「FREETEL」に興味がある方はこちらの記事を参考に↓

SIMフリースマートフォンを販売するFREETELの魅力


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ