はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / iPhone入門 / マップをリアルな写真にして見るには?方法/iPhone,アイフォン

マップをリアルな写真にして見るには?方法/iPhone,アイフォン

iPhone入門 地図(google map)  この記事は約1分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

マップをリアルな写真にして見るには?方法/iPhone,アイフォン

 

人が道に迷った時、解決策は様々あります。近くにいる人に尋ねたり、一旦駅まで戻ってもう一度確認するなど、やり方は多くあるでしょう。

しかし、iPhone(アイフォン)があればそのどの方法よりも素早く、そして確実に現在地と目的地を見つけることができます。iPhone(アイフォン)の地図機能で検索をすれば、初めての場所であっても【美味しいレストランを簡単に探せます】。

そんな便利なiPhone(アイフォン)の地図機能ですが、上面から見るとどの建物も場所も似たり寄ったりで、地名はわかってもどのような場所なのか、具体的なところは見ただけではわかりません。

そこで今回は、マップをリアルな写真にして見るやり方を紹介します。

 

広告

■マップをリアルな写真にして見る方法/iPhone,アイフォン

 

iPhone(アイフォン)のマップを写真のようにリアルにするためには、まずマップを開きます。
マップをタップ

 

 

次に、右下の【i】をタップします。
Iをタップする

 

 

航空写真】をタップします。
航空写真をタップする

 

すると、地図をよりリアルに、写真のようにして見ることができます。
航空写真に地図がなる

上空からの風景を高解像度で見ることができますので、スカイツリーを上から楽しむなんてこともできます。これだけあれば海外の観光地や名物スポットなどもパスポート要らずですぐにみられるので、旅行が趣味な人には特にオススメですね。


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ