はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / 裏ワザ / 複数メールアドレスを作るエイリアス機能/iCloudメール,捨てアド

複数メールアドレスを作るエイリアス機能/iCloudメール,捨てアド

裏ワザ メール・ショートメール(SMS)  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

ひとつのアカウントで複数のメールアドレスが持てるエイリアス機能。前回はGoogleが提供するGmailを例に説明しました。

Gmail編の復習はこちらからどうぞ

複数のメールアドレスを作るエイリアス機能【Gmail編】

今回はAppleが提供するiCloudメールでエイリアス機能を使う手順です。

まずiCloudにアクセスしましょう。

icloud-mail_1

できたら左上の”メール”からiCloudメールに入ります。このとき事前にiCloudメール機能をONにしていないと、まずはONにしてから操作してくださいと言われます。

iPhoneなどApple端末を持っていれば迷うことないんですが、もしWindowsとAndroidでiCloudメールを使いたいのであれば、AppleのサイトからiCloud for Windowsをインストールしてください。

準備が完了したらメール画面左の柱に注目してください。下に歯車マークあるので、そこから“環境設定”に進みます。

icloud-mail_2

“アカウント”を選ぶと左にエイリアスを追加という項目あります。

そこをクリックで開くとエイリアスの作成画面が出てきます。
icloud-mail_4

iCloudメールではエイリアスもメインのアドレスと同じ****@icloud.com形式のアドレスが作れます。このためパッと見ではエイリアスと分かりませんし、Gmailのようにメインアドレスが表に出てしまうこともありません

前回Gmailはエイリアスでもメインアドレスが表に出てしまうため、一般に言われてるほどセキュリティ対策としては用を成さないと書きました。実はもうひとつGmailのエイリアスが使いづらい点あります。

Gmailはメインアドレスに+を付けることで擬似的にアドレスを増やす仕様のため、一見してエイリアスだと分かってしまいます。そのため複数アカウントを禁止しているサイトでは、+付きのGmailを自動で弾く設定にしています。

Gmailのエイリアスでサイトに登録しようとして、このアドレスはご利用頂けませんと言われた経験ありませんか?

迷惑メールが大量に来るようになった、もう使わないエイリアスはアドレスごと削除できます。

icloud-mail_5

ひとつのアカウントで作れるエイリアスは画面にもあるように3つまでです。

サービスの登録用や公開用アドレスにメールアドレスがもうひとつあればと考えている方は、今回の手順でiCloudメールもお試し下さい。


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ