【おすすめ無料アプリ2選】『チラシミュージアム & チラシステージ』をご紹介!(Android・iOS対応)

【おすすめ無料アプリ2選】『チラシミュージアム & チラシステージ』をご紹介!(Android・iOS対応)

今回の記事では、美術館・博物館の展覧会情報をチラシから効率良く検索でき、予約まで可能な便利アプリ『チラシミュージアム』と、

同様に、演劇・ミュージカル・落語などの舞台公演を扱うアプリ『チラシステージ』をご紹介します。

両アプリとも、提供元はチケット販売大手の株式会社イープラス。

美術と舞台芸術に分けられた、姉妹アプリといった感じです。

さらに両アプリとも、お得な情報もゲットできちゃうんです!

 

【1】チラシミュージアム概要

アート系イベントのチラシは、その企画に対する制作サイドの熱い思いが存分に投入されているものです。

中にはマニアックな企画も多く、そんなマイナーな世界に傾倒している制作サイドの愛情は、一般人が若干引き気味になるほど半端がないため、必然的にチラシに反映されてくるものなのでしょう……。

初見で企画内容と雰囲気が伝わり、場所、時間、料金などの必要情報も網羅、それがチラシなんです。

チラシミュージアムはそんな思いの詰まったチラシを、全国400ヶ所の美術館・博物館やギャラリーなどから収録し、お目当てが見つかればチケット予約まで簡単にできちゃう、優れもののアプリです。

おまけに場所によっては割引キーポンまで付いているんですよ!

 

操作方法① Myチラシの設定

チラシミュージアムの操作は直感的に使えるので、超簡単です!

アプリインストール後に開くと、まず以下画像で「Myチラシ設定」を登録します。

項目は、地域、テーマ、施設、から選択。とりあえず東京を選択し、他2項目はフリーで。

次回からチラシミュージアムを開くと、以下画像のように設定したMyチラシが最初に出てきます。

 

操作方法② 絞り込みによる検索

さらに、展示会を絞り込んでみます。

「やっぱり何でも旬がベストだよな~」なんて考えもあり、(上画像)上部「すべてのチラシ」→(上画像)「絞り込み」→(下画像)「旬な展覧会」を検索してみます。

すると検索で抜粋されたチラシが上画像のように表示されます。

色々なチラシがありますね!

詳細画面の左下の「e+」から、チケット購入ができます。

さらにお得なクーポン券は、先ほどの「絞り込み」から検索可能です。

通常の検索でも各チラシの下部にクーポン券の明記がなされているので、ひと目で見分けがつきますよ。

各展覧会の、場所や日程も検索ができ、展覧会とそのホームページへのリンク付けもバッチリなので、簡単に必要な情報をゲットすることができちゃいます♪

 

【2】チラシステージ概要

制作サイドのチラシへの熱い思いは、舞台芸術も全く同じ!

チラシミュージアムが美術関連の扱いに特化している一方、チラシステージは演劇・歌舞伎・オペラ・ミュージカル・落語・ダンスなどなどの全国の舞台公演を扱う無料アプリです。

一覧のチラシを通して、公演スケジュール、出演者、料金、上演時間、場所などの情報をアプリひとつで簡単に閲覧することができ、予約までできちゃいます。

さらには超お得情報もありますよ♪

 

操作方法

チラシステージの仕様はさらにシンプル。アプリを開くと以下画面へ移動します。

検索するには左上の「検索」をタップ。「人気・ジャンル・地域・公演日」などからさらに絞り込めるように。

筆者が注目したのは、画面下部の「観劇モニター」です。

「割引・応募によるご招待」そして、「初めての方無料!」はいいですね。

空席を埋められる劇団サイドにもメリットがありますし、ウィンウィンの関係が築けていますね。

ただし席数限定による抽選など、公演よって様々な制約があるようです。

 

アプリを利用して芸術を満喫!

昔はチラシを入手できる場所と言えば、展覧会や公演自体を扱う美術館・博物館・ギャラリー・劇場などの棚や、または、市役所・県庁などの行政機関、コミュニティースペースなどが常でした。

しかし今のネット時代、直接出向かなくてもモバイルの力で簡単に閲覧ができちゃうのはありがたいですよね。

チラシの強みは、初見で世界観や雰囲気がドバ~~っと伝わってくるところで、ただ何となく眺めているだけでも楽しいものです。


アプリ活用術カテゴリの最新記事