はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / ガジェット・アクセサリー / 一体どれがおすすめ?360度カメラまとめ

一体どれがおすすめ?360度カメラまとめ

ガジェット・アクセサリー  この記事は約6分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

おすすめの360度カメラをご紹介します!

最近、流行りつつある360度カメラですが、すでにたくさんのメーカーから360度カメラが出ています。
通常のカメラとはちょっと違うので試してみたいけど、どれがいいのかわからない。
といったことがあると思います。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

360度カメラにもプロ仕様のものだとかなりの値段がするやつもあったり、逆に趣味に使う程度やちょっとYOUTUBEに投稿したいといったレベルのものであれば、10万円以下で購入できるものまであります。

今回はそんな様々な種類のあるものから初心者やヘビーユーザーほど使わない方におすすめの360度カメラをまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

 

おすすめ360度カメラまとめ!

Insta360 ONE

まず1つ目の360度カメラのおすすめとしては、Insta360シリーズの中の「Insta360 ONE」をご紹介したいと思います。

このInsta360シリーズは、全部で5種類(PRO、4K、nano、Air、ONE)が出ています。
それぞれ違いがあり、プロ仕様から初心者向けまで幅広いラインナップになっています。

  • insta360 PRO&insta360 4K → プロ仕様で価格が約16万と約45万
  • insta360 nano → iPhone用 手軽さが売り 価格は21000円
  • insta360 Air → android用 手軽さが売り 価格は20000円
  • insta360 ONE → iPhone用だが単体でも撮れる 価格は43000円

と言った感じで、使用方法によって変わってきますが、ちょっと趣味程度に使うのにプロ仕様の2つは高すぎますよね。

ということで、気になるのが後の3つですが、一番安いモデルのnanoとAirはiPhoneやandroidと直で差し込む仕様になっており、すぐに扱えるという手軽さがメリットになっています。

そこでおすすめなのが最近発売したばかりの「Insta360 ONE」で、価格も4万ほどと手の届く範囲でかつ、4K動画撮影も可能になっています。
また、上の2つとは違い、カメラ単体での撮影が可能になっているので風景だけを撮りたいときに棒につけて撮影したりとかなり幅が広がっています。

また、新機能のバレットタイムではマトリックスのような世界観を作り出すことも可能ということで非常に魅力的な360度カメラとなっています。

ただ、iPhoneとの互換性が強いのでandroidユーザーには不向きなことがデメリットなので注意してください。

 

RICOH THETA V

続いて、2つ目のおすすめ360度カメラは「RICOH THETA V」(リコー シータ)というモデルです。
こちらの「RICOH THETA」というメーカーにも3種類、「RICOH THETA S」「RICOH THETA SC」というモデルがありますが、その最新モデルになっています。

従来のモデルはFULL HDまでの動画撮影しかできませんでしたが、「RICOH THETA V」は4Kの撮影が可能になっています。
また、圧倒的な画質の向上によって、より美しい映像を収めることが可能になり、非常に進化したイメージす。

「RICOH THETA V」 はandroidが内蔵されており、3次元で音をとれるということにプラス、ライブ配信など機能があることが特徴的です。
その他の機能面に関してはinsta360 ONEと遜色なく、ほとんどレベルは一緒です。

ただし、両者の違いはinsta360はメモリーカードが別売りで、「RICOH THETA V」は内蔵メモリーとなっているため記録できる最大値が128GBと19GBで大きく違うということと、スマホとの接続速度にでてきます。

「RICOH THETA V」は完全にカメラが独立しており、WiFiでの接続が遅いといったデメリットがあり、insta360 ONEはiPhoneであれば、lightningコネクタによって接続できるので非常に早いです。
なかなか両者の優劣をつけるのは難しくライブ配信などを目的とした使用方法やandroidユーザーの方にはおすすめできるかなと思います。

機能的には非常に高性能ですので、こちらもおすすめの360度カメラとご紹介させていただきました。価格は約48000円とあまり変わりません。

 

Galaxy Gear 360

続いての360度カメラのおすすめはサムスンが出している「Galaxy Gear 360」という360度カメラです。
「Insta360 ONE」や「RICOH THETA V」との最大の違いはバッテリーの持続時間と録画時間の長さが特徴的となっています。

バッテリーの持続時間は上の2つは約1時間ほどに対し、「Galaxy Gear 360」は約2時間ほどとなっており、録画は外付けのmicroSDカードなので、最大256GBまで使用できます。

画質はどれも遜色なく4Kでの動画撮影を可能にしており、WiFiでスマホと接続して専用アプリの画面を見ながら撮影することも可能になっています。
また、防水性能もあるので雨の中での撮影も可能です。

ただ、専用アプリが少し慣れるまで使いづらいという点がデメリットとしてあります。

全体的な評価として、何か突出した機能はないですが、とりあえず360度カメラでパノラマ映像を撮影して、SNSなどでシェアしたいといった使い方であれば、十分な機能が備わっています。

価格は約30000円とちょっと安くなっているので、手を出しやすいかなと思います。

 

広告

まとめ

以上、3つの360度カメラのおすすめをご紹介してきましたが、気になるものは見つかったでしょうか?
カメラ自体の画質や使用方法などはほとんどどれも変わらず、基本的な使い方であれば、どれもおすすめの360度カメラとなっています。

突出した新しい機能、バレットタイムなどを使って、アクティブに撮影したい方は「insta360 ONE」
ライブ配信など音質などにもこだわりたいという方は「RICOH THETA V」
価格はもう少し安くて基本的な使い方しかしない!という方は「Galaxy Gear 360」
という感じでしょうか、ぜひ360度のパノラマ撮影に挑戦してみてください!


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ