はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / iPhone入門 / 【iPhone / iPad】iCloudバックアップの方法

【iPhone / iPad】iCloudバックアップの方法

iPhone入門  この記事は約3分で読めるよ

【iPhone / iPad】iCloudバックアップの方法 | 紛失、故障の前に必ず実施しましょう

データのバックアップをしておかないと、スマホの紛失や故障の時に大事なデータが消えてしまう可能性があります。

いざという時のためにバックアップ設定は必ず実施しましょう。

今回は、iPhoneのバックアップ方法をご紹介していきます。
安心して使えるようにご説明しますので、ぜひご覧ください!

広告

バックアップ方法の種類

iCloudにバックアップ
手軽自動でバックアップしてくれるが、容量によっては少しだけお金がかかる

パソコンにバックアップ
無料だが、パソコンが必要。定期的にバックアップ操作をする必要がある

パソコンで定期的に作業する手間と、そもそもバックアップし忘れてしまうリスクを考えると、iCloudが一番手っ取り早くて簡単です。

 

iCloudでバックアップする手順

バックアップをオンにする方法

iPhoneの「設定アプリ」をひらきましょう。

 

次に、一番上の自分の名前が書いてある項目をタップ

 

iCloud」をタップ

 

少し下にいき「iCloudバックアップ」をタップ

 

iCloudバックアップ」をオンにすれば完了です!


iPhoneが、充電中Wi-Fi接続されていて、画面ロックのときに自動でバックアップをしてくれます。

 

容量が足りない時は…


無料でiCloudでバックアップ出来るデータは5GBまでです。
たくさんの写真や動画、大きいサイズのアプリ(ゲームなど)をiPhoneに入れている人は、5GBでは足りなくなる場合があります。
そのような時は、上の画像のような表示がされます。

対処方法法は大きく分けて2つ!

・バックアップする項目を調整する
・iCloudの容量を増やす(有料)

(続く→)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ