はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / LINE(ライン) / スタンプと一緒に送金ができる「LINE Pay」:ラインペイ

スタンプと一緒に送金ができる「LINE Pay」:ラインペイ

LINE(ライン)  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

日本では圧倒的な人気を誇るスマートフォンアプリ「LINE」ですが、今やその機能は友達と話すだけじゃないんです。

昨年末のアップデートで追加された新機能「LINE Pay」はご存じですか?

LINEアプリを介して友達に送金できたり、ネットショッピングの代金を支払ったりできるんです。

LINE Pay1

最新版アプリではメニュー画面に「LINE Pay」が追加されています。

「LINE Pay」の送金機能や決済機能を使うには、銀行口座連携やコンビニ支払いで事前に使いたい分の金額をチャージするか、クレジットカードを登録し都度に決済するかです。

LINE Pay2

クレジットカードや口座番号は教えたくない方も、コンビニ支払いが使えるので利用に支障はありません。対応コンビニはサークルKサンクス、セイコーマート、ファミリーマート、ミニストップ、ローソンとなっています。

広告

■24時間利用可能な送金

コミュニケーションツールであるLINEは、その機能を活かし友達間で24時間いつでも送金が行えます。

LINE Pay3

またイベントごとなどでは参加メンバーを登録することにより、均等に支払いを要求する「割り勘機能」も使えます。

LINE Pay4

送金は手数料無料で行え、いつでも相手のLINE Pay口座に送ることができます。

※銀行口座への出金には手数料200円が必要。

LINE Pay5

■モバイル決済機能

近年はモバイルを介した決済サービスの利用者が増えています。LINEでもこの分野へ新たに進出しました。

決済サービスによっては少額の利用でも手数料を請求されますが、LINEでは無料で利用可能です。

まだ現在は対応サービスが少なく、自社コンテンツの利用に限られていますが、国内5000万人以上と言われるLINEの利用者数を強みに、対応サービスや店舗を増やしていくものと思われます。

タクシー配車サービス「LINE TAXI」との連携機能など、今後の展開も一部発表されています。

■本人確認必須のセキュリティ

これまでもLINEにはセキュリティ関連の問題が様々言われてきました。

今回のLINE Payでは現金を扱うため、特に心配されています。

LINEでは安全面を考慮し、本人確認が行えない場合は機能を制限するなど、対策を設けています。

LINE Pay6

本人確認には入力した情報と一致する運転免許証か健康保険証の写真、あるいは本人の銀行口座登録が必要となります。

LINE Pay7

その他LINEの気になる新機能などは、こちらをチェック!

ライン新機能:LINE Brushアプリなら簡単に絵が描ける! | スマホで困ったときのQ&Aサイト

【LINE新機能】ラインで高級ランチを注文してみよう! | スマホで困ったときのQ&Aサイト

【LINE新機能】無料でラインのコインがもらえるフリーコイン | スマホで困ったときのQ&Aサイト

【LINE】ラインを使ってお小遣い稼ぎ!「Line Creators Market」で自作スタンプを売ろう | スマホで困ったときのQ&Aサイト


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ