はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / スマホ用語 / スマホ用語集「4G」「LTE」とは?意味解説

スマホ用語集「4G」「LTE」とは?意味解説

スマホ用語 LTE スマホ入門  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

こんにちは。今日も知っているようで知らないスマホ専門用語についてUさんに解説してもらいます。

今回は「4G」について。

*     *     *

ヨーコ:

実は私、ついこのあいだまで、「4G」と「OS 4.1」を混同していました。

2つは全く違う意味らしいですね。

IMG_20140122_232408 - コピー

 

Uさん:

同じ「4」がついてますからね。。

4.1はOSで、4Gは通信規格を表す言葉。

フォージー」と呼び、第4世代という意味です。

 

ヨーコ:

もしかして「G」は「Generation」のGですか?

 

Uさん:

そうです。世代というくらいなので、実は第一世代から続いているんですよ。

 

ヨーコ:

えーっ! どんな?

 

Uさん:

1G(第1世代)=アナログ方式の通信規格。

2G(第2世代)=デジタル方式の通信規格。メールやネットの利用に対応。

3G(第3世代)=より高速化されたデジタル方式の通信規格。数Mbps~14bps。

4G(第4世代)=100Mbps~1Gbpsの高速通信を目指して開発された次世代のモバイル通信規格。

 

3Gは長く使われてきた規格なんですが、スマホやタブレットの普及に伴って4Gが登場したんです。

 

ヨーコ:

スマホやタブレットは大容量のデータ通信が行われるから、ですかね。

ところで「LTE」とは何でしょう?

よく「4G」に並んで表示されてますよね。

IMG_20140122_232437

 

 

Uさん:

LTEは、3Gを長期的に進化させる「Long Term Evolution」の略で、「3.9G」と呼ばれ4Gへの橋渡し規格とされていました。

 

ヨーコ:

「されていた」、過去形ですね。

 

Uさん:

ええ、LTEは、3Gと4Gをつなぐ橋渡し的な役割でしたが、今は世界的にLTEを4Gと称する通信事業者が増えてきたんです。

 

ヨーコ:

つまり、LTE=4Gと解釈していいのですね。

 

Uさん:

はい。ヨーコさんのスマホはどうなってますか?

 

ヨーコ:

LTEでした。前使っていた「3G」に比べ、やはり速度は速いですよ。

でも2年後に買い替えるスマホは4Gと表記されてるんでしょうね。

今後のスマホの進化に期待です!

 

Uさん、今日もありがとうございました!

 


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ