はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / ガジェット・アクセサリー / コンセントに直接差し込んで充電ができるiPhoneケース「PWR Case」

コンセントに直接差し込んで充電ができるiPhoneケース「PWR Case」

ガジェット・アクセサリー 新情報 バッテリー・充電 2016.08.22   この記事は約2分で読めるよ

prong-pwr-case-4

iPhone(アイフォン)を長い期間使っているとバッテリー寿命が消費し、1日もバッテリーが持たなくなってしまいます。みなさまはそんな経験をしたことはないでしょうか。

バッテリーが持たなくなってくると、カバンの中にモバイルバッテリーをしのばせておきたいですが、商品によってはカバンが重くなってしまします。

そこで登場したのが「モバイルバッテリーケース」です。
ケースの中にモバイルバッテリーを搭載することで、ケースから直にiPhoneの充電がおこなえる商品も登場しました。

しかし、モバイルバッテリーケースはマイクロUSBケーブルを使って充電をしないといけないので、外出先でケーブルを持ち歩く必要があります。

その問題を解消したのは、「PWR Case(ピーダブルアールケース)」です。
このモバイルバッテリーケースは、ケースにACプラグを搭載しているので、ケース単体で充電ができてしまう優れものです。
このPWR Case(ピーダブルアールケース)を細かく見ていきましょう。

【公式サイト】

「PWR Case」
モバイルバッテリーに興味がある方はこちらの記事を参考に↓
ヘビーユーザー必見!モバイルバッテリーを選ぶ時の基準とは?

 

ケースとバッテリーは離脱できる「PWR Case」

pwrciph6s_p03

バッテリー内臓のiPhone(アイフォン)ケースと聞くと、全体的なサイズが大きくなってしまうと考える人も多いのではないでしょうか。
実際に、PWR Case(ピーダブルアールケース)もバッテリーとコンセントプラグを搭載しているので、全体的なサイズは大きくなってしまいますが、実は、バッテリーとケースは離脱できる設計になっています。

これにより、通常利用時はiPhone(アイフォン)をケースに入れた状態で使用し、バッテリーが必要なアウトドアや旅行などのシーンでは、バッテリーとケースを合体させて持ち歩けばいいのですね。

 

■コンパクトに持ち運べる可変式コンセントプラグ「PWR Case」

photo03

PWR Case(ピーダブルアールケース)は他のバッテリーケースと異なり、コンセントプラグを搭載したバッテリーケースです。
しかし、バッテリーケースのデザイン性やコンパクト性を犠牲にせずにコンセントプラグを搭載しているので、持ち運びに便利な特徴があります。

このコンパクトさを実現するには、可変式コンセントプラグが採用されており、バッテリーケースの背面には折りたためられているコンセントプラグを立たせることで、そのままコンセントに差し込めます。

もちろん、従来のバッテリーケース同様にマイクロUSB端子による充電も可能であり、PCとの同期にも使えるので、充電する選択肢が多いバッテリーケースと言えるでしょう。

モバイルバッテリーに興味がある方はこちらの記事を参考に↓
ヘビーユーザー必見!モバイルバッテリーを選ぶ時の基準とは?

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ