誰でも、簡単に無料でグラフィックデザイン!『Canva(キャンバ)』をご紹介!

誰でも、簡単に無料でグラフィックデザイン!『Canva(キャンバ)』をご紹介!

誰でも、簡単に無料でグラフィックデザイン!『Canva(キャンバ)』をご紹介!(iOS・Android対応)

グラフィック画像を自由にデザインしたい! と、はりきってアプリをダウンロードして試すも、使い勝手の悪さなどから断念するパターンをよく耳にします。

LINEアカウントのホーム画面やFacebook・TwitterなどSNS用素材を何とか自分でデザインしたい、年賀状やプライベートのイベント告知などもデザインしたい、という方に最適なアプリを見つけました!

なんと、クラウド上にある60.000以上の豊富な素材・テンプレート集を使って、様々なグラフィックデザインを簡単に無料で手掛けられちゃうんです!

今回の記事でご紹介するアプリ「Canva」は、直感的な使用感で手軽かつ効率的にグラフィックデザインを制作できるクラウドサービスです。

iPhone/iPadアプリ、Androidアプリの両方がリリース済み。さらには、パソコンでもブラウザを使って使用可能です。

基本的な操作はすべて無料なのでぜひ一度お試しください。

「Canva」公式サイトはこちら

 

概要

Canvaは、2012年オーストラリアで設立されたCanva,Inc.のアプリです。

現在、25ヶ国語に対応していて、ユーザー数は1.000万人超えとのこと。

日本国内では、2017年にKDDIウェブコミュニケーションズが独占業務提携契約を締結し、日本語版を運用しています。

大手の安心感もありバッチリですね。

ところでKDDIウェブコミュニケーションズは、誰でも簡単に無料でホームページをつくれる「Jimdo」を手掛けている会社としても有名ですが、実は「Jimdo」はもともとドイツJimdo GmbH社のサービスです。

そう、KDDIウェブコミュニケーションズは海外のサービスを日本展開するのが得意な会社でもあり、「Canva」は新たな推しアプリ・サービスなのです。

使い方は超簡単!クラウド上にある大量の素材・テンプレート集から、目的や用途に合わせて希望を選択して編集していくというもの。

例えば、SNS素材、名刺、招待状、フライヤー、プレゼン資料などが、超簡単につくれちゃうんです。

また、自分のプライベート素材・写真を使って制作することも可能ですよ。

それでは、具体的な操作方法をご説明します!

 

<操作方法>

アプリをダウンロードして開くと下記の画面へ。
「Facebook・Google・メアド登録」の、3通りいずれかでアカウントを作成して、ログインします。

ログイン後は以下の画面へと移ります。

ロゴ、名刺など、デザインしたいカテゴリ別になっていて一目瞭然。

今回はandropp用の、「Facebookカバー」をつくってみます!

カテゴリ右にある、「Facebookカバー」アイコンをタップ。

 

すると、以下画面のテンプレートリストが出てきます。

androppサイトの内容に相応しいテーマがなかったので、検索して探すことにしました。

smartphone」と打ち込み検索。すると以下のテンプレートが出てきました。

各テンプレート右下に、「無料or有料金額」の表示が出ています。

左上のテンプレートが、無料かつandroppサイトの内容にフィット。選択して編集していきます。

指示に従い、画面のデザインをタップして編集へ。

デザイン可能な部分はタップ後に編集画面が出てきます。

まずは、テキスト部分を変更していきます。>>


アプリ活用術カテゴリの最新記事