はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / iPhone入門 / マップを3D透視図で見るには?方法/iPhone,アイフォン

マップを3D透視図で見るには?方法/iPhone,アイフォン

iPhone入門 地図(google map) アプリ活用術  この記事は約1分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

マップを3D透視図で閲覧するやり方、方法/iPhone

 

普段よく利用する駅でも、出口を間違えてしまったりすると意外と迷ってしまうものです。

そんな時に役立つのがiPhone(アイフォン)のマップ機能です。現在地を表示させるだけで、今いる場所とその周辺の詳細な地図がわかるので、迷った時も一安心です。

iPhone(アイフォン)の地図機能には他にも様々な便利機能があります。例えば、【Siriに相談することで地図上に目的地までの道順をマップに表示】させることもできます。

このような便利な機能以外にも、マップを3D透視図で閲覧する方法などもあります。このようなやり方を覚えておけば、上からの景色だけでなく、立体的に周辺地図を確認することができますので、多角的に地図を確認できて便利ですね。

 

広告

■マップを3D透視図で閲覧するやり方/iPhone,アイフォン

 

iPhone(アイフォン)でマップを3D透視図で閲覧するためには、まず【マップ】をタップし、起動します。
マップをタップ

次に右下の【i】をタップします。
Iをタップする

【3Dマップ】をタップします。
3Dマップをタップする

この状態で地図を拡大すると、3D透視図を閲覧できます。
地図が3D画像になる

平面的な2Dのマップ図と違い、3Dになると建物の大きさまでわかるようになりますので、知らない土地に行く際などでもより正確にその土地の情報を手に入れることができて安心ですね。


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ