はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / アプリ活用術 / Viber「送信済み」と「配信済み」の違いは?

Viber「送信済み」と「配信済み」の違いは?

アプリ活用術  この記事は約3分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

無量通話&チャットアプリといえば「LINE」に「Comm」に「カカオトーク」などなど多彩にありますが、

中でも唯一、アプリを起動しなくても発着信ができるのがViber

電話を発信しようとするとViberが選択肢として出てくるのは、Viberヘビーユーザーには便利です。

※普段Viberを使用しない方は、「常にこのアプリを使用する」にチェックを入れたうえで、標準の電話アプリをタップしましょう。

※無料通話はViberをインストールした人同士でないと使えません。

 

さて、今日の本題。

Viberのチャットメッセージ機能を使っているとき、自分が投稿したメッセージの下に、「送信」「送信済み」「配信済み」のうちのどれかが表示されます。

表示順としては、メッセージを書いて送信ボタンを押すと「送信」が表示され、直後に「送信済み」、その3秒後に「配信済み」と表示が変わります。つまり、「送信」は、送信中という意味なのは明白。

 

では、「送信済み」と「配信済み」の違いは?

こんな質問をヘビーユーザーさんから頂いたので、検証してみました!

【本日の検証課題】

「配信済み」はLINEでいう「既読」状態ということ?

それとも、未既読かかわらず、相手の端末がメッセージを受信したサイン?

 

では、実験スタート!

 

・まず、友人にポップアップ通知が来ても、Viberアプリを起動しないよう頼んだうえで、メッセージを送信。なお、LINEでは、ポップアップ通知を受けても、アプリを起動しなければ「既読」にはなりません。

【結果】 「配信済み」になった。

 

・次に、ポップアップ通知を消してもらい、Viberでメッセージを受信したことに気づかない設定にしてもらう。

【結果】 それでも「配信済み」になる。

 

・ならばと、「機内モード」をONにして、電波を遮断した状態。いわゆる通信不可能状態にしてもらい、メッセージを送信。

【結果】 「送信済み」のままで、「配信済み」にはならない。

 

数分後、相手が機内モードをOFFにして、通信可能状態にした数秒後に「送信済み」は「配信済み」に変わりました。

 

余談ですが、機内モードにする前は、「送信済み」から「配信済み」になるまで3秒だったのが、機内モード設定後、戻してもらってからは、「配信済み」に切り替わるまで若干秒数を要しました。

 

まあそれはともかくとして、

【結論】

「配信済み」は、相手の端末がメッセージを受信したサインであり、未読・既読は無関係。

 

つまり、「配信済み」=「既読」とは認定できないわけで、「配信済みなのになんで返信くれないの!?」とやきもきするのはお門違い、ということですな。

 

次回も引き続き、Viberの謎に迫ります!

 


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ