はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / アプリ活用術 / 2匹のアリの物語:アプリ「求人検索 Indeed」で未来を変えよう!

2匹のアリの物語:アプリ「求人検索 Indeed」で未来を変えよう!

アプリ活用術  この記事は約5分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

こんにちは、おしぃです。

 

東京都千代田区飯田橋

その飯田橋の一角にある小さな公園

 

このお話は、その公園に住む2匹のアリ

「イーダ」「チョーダ」のお話です

 

 

イーダ:「あ~しんどかった・・・」

 

チョーダ:「イーダのチームは今日きつかったとな?」

 

イーダ:「うちさ、今日カマキリだったんだわ」

 

チョーダ:「おお!カマキリか、緑色茶色?」

 

イーダ:緑の方

 

チョーダ:「あれ、うまかもんねえ・・・」

 

イーダ:「それがさぁ、まだ生きてたんだよね」

 

チョーダ:「はあ?生きてるカマキリ?!」

 

イーダ:「ほら、最近うちのチーム、ノルマが・・・」

 

チョーダ:「ああ、ノルマ達成できてなかよな」

 

イーダ:「そそ、それでリーダーがさ、待てない!運べ!と」

 

チョーダ:「バッタならともかく、カマキリやろ?」

 

イーダ:「うむ・・・」

 

チョーダ:「大丈夫やったと?」

 

イーダ:「運んでる間、頭上を鎌がブンブン!!」

 

チョーダ:「ええええええ!!」

 

イーダ:「命懸けだよっ!!命懸け!!」

 

チョーダ:「それ労働基準監督署に言った方が良かっちゃない?」

 

イーダ:「俺、思うんだけどさぁ」

 

チョーダ:「うん?」

 

イーダ:「俺らの仕事って完全ブラックだよな・・・」

 

チョーダ:「時間、待遇、危険度、全部満たしとるね(笑」

 

イーダ:「なんだかなぁ・・・」

 

チョーダ:「転職すればいいっちゃね?」

 

イーダ:「転職?」

 

チョーダ:「そうたい、転職すればいいったい!」

 

イーダ:「そう言うけどさ~」

 

チョーダ:「うん?」

 

イーダ:カマキリに弟子入りした友達、即日食われたし・・・

 

チョーダ:「そら、あれたい、転職先が悪かとよ」

 

イーダ:「じゃあ、どっかおすすめあんの?」

 

チョーダ:「まず、食われる心配が無い所がよかやん」

 

イーダ:「俺の学歴でそんな所あるのかなぁ・・・?」

 

チョーダ:”求人検索 Indeed”、これで探してみんね」

イーダ:「えーっと、どう使うの?」

 

チョーダ:「ほら、ここで条件ば入力するったい」

イーダ:「事務とかいいね、」

 

チョーダ:「気に入った求人は保存もできるごたあよ」

イーダ:「おお!未経験でもOKもあるね!」

 

チョーダ:「どれどれ、結構色々あるやん」

 

イーダ:「アリでもOKかな?」

 

チョーダ:「え?」

 

イーダ:「いや、アリでもOKって書いてないなと・・・」

 

チョーダ:「じゃあ、検索条件に”アリ”も入れればよかやん」

 

イーダ:「ああ、なるほどね・・・アリっと・・・」

 

チョーダ:「どげん?アリOKなのある?」

 

イーダ:「”正社員登用制度アリ”っていっぱい出るんだけど」

 

チョーダ:「えらい名前の長かアリやね、そげなアリおったかいな?」

 

イーダ:「これ、全部漢字やし、中国のアリなんじゃ?」

 

チョーダ:「中国って、でかかアリがおりそうやもんね」

 

イーダ:「すげえな”正社員登用制度アリ”がいっぱいだ」

 

チョーダ:「こりゃ、あれじゃね?」

 

イーダ:「ん?」

 

チョーダ:「まずは”正社員登用制度”に就職したらいいっちゃない?」

 

イーダ:「つまり中国に行けと?」

 

チョーダ:「うんうん」

 

イーダ:「飯田橋駅から中国まで電車あったっけ?」

 

チョーダ:「う~~ん・・・わからん・・・」

 

イーダ:「ちょっと行ってくるわ」

 

チョーダ:「晩飯までには戻らんばよ~」

 

イーダ:「ほいほ~い!」

 

 

その後、イーダは東京中の電車を巡って

中国に辿りつけずに一週間後に戻ってきたのであった。

 

 

■「求人検索 Indeed」のダウンロードはこちら↓

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.indeed.android.jobsearch

 


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ