はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / プログラミング / Swift Playgroundsがおもしろい!/子供の習い事に最適な理由【アプリつくる?】

Swift Playgroundsがおもしろい!/子供の習い事に最適な理由【アプリつくる?】

プログラミング  この記事は約3分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

【Swift Playgroundsが子供の習い事に最適な理由とは?】

2020年 小学校においてもプログラミングの教育が義務化になったことはご存知でしょうか?

できたら今のうちにお子さんをプログラミング教室へと考えているかもしれません。ですが、習わせるとなるとお金が不安ですよね?

そんな問題を解決すべくAppleでは、iPadがあれば本格的なプログラミングが学べるSwift Playgrounds(スイフト・プレイグラウンズ)を世に出しました。

日本語対応で、iPadで本格的なプログラミングができ、小さいお子さんでも家で学習できますよ。

 

広告

Swift Playgroundsとは?

Swift Playgroundsは、Appleが作り出したiPadで学習できるプログラミング教材です。

Swift Playgroundsでは上記のような画面設定になっており、ソースコードを入力し実行するとキャラクターが動きます

課題をこなしていくスタイルで、まるでゲームで遊んでいるような感じでプログラミングを学べることが最大の魅力です

ちなみに、Swift PlaygroundsはiPhoneアプリでも使われているSwift言語で作られています。
将来、Swift Playgroundsを遊びつくした中高生が世の中の役に立つiOSアプリを配信している可能性も、十分ありえる話ですね。

 

Swift Playgroundsが子供の習い事に最適な4つの理由

1.iPadがあれば学習料金は無料

大きな理由は、学習料金が無料であることです。
iPadがあれば、子供にせがまれても何も考えずに与えてやることも可能です。
もし飽きても無料なので損することは一切ありません。

 

2.アプリ配信者もやってるプログラミングの工程が取得できる

Swift Playgroundsは、ゲームをしているようで本格的なプログラミングの工程を学べます。

プログラミングの工程としては下記の3つがあります。

1.ソースを打つ
2.コードを実行する
3.間違っていたら直す

この3つの工程は、人気iPhoneアプリを配信しているプログラマーもやっていることです。

 

3.ゲーム感覚でSwiftの基本文法が習得できる

Swift Playgroundsでは、課題をこなしながらSwiftの基本的な文法を習得できます。
プログラミングの文法を習得することは、iPhoneアプリが作れる第一歩です。

 

4.操作はタップのみの手軽さ

本来ならば、PCのキーボードの配列を覚えて自分でプログラミングのコードを打ちます。

がしかし、Swift Playgroundsは命令の選択肢が出てタップするだけで打ち込むことができます。
英語がわからなくても大丈夫です!

もちろん教材もすべて日本語でかかれてあるので、小学生高学年あたりのお子さんならすぐにでも始めることが可能です。

 

まとめ

今回は無料でプログラミング学習ができるSwift Playgroundsを紹介しました。

(もしご自分のiPadに入れるのであればセキュリティの設定をしっかりしたうえでお子さんに与えてください)

将来 Swift Playgroundsでたっぷり遊んだあなたのお子さんは、

人気アプリの配信者側になるかもしれません。

さあ始めてみませんか?

Swift Playgrounds

Swift Playgrounds
開発元:Apple
無料
           

 

【あわせて読みたい記事】


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ