はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / iPhone入門 / 【iPhone】バッテリー消費が早い時は、Spotlight検索と位置情報サービスに注目!

【iPhone】バッテリー消費が早い時は、Spotlight検索と位置情報サービスに注目!

iPhone入門  この記事は約4分で読めるよ


▲当サイト提供のイベント(会場:東京 田園調布)▲



(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

iPhoneを使っていると、だんだんとバッテリーの消費が激しくなってくることがあります。

外出先でiPhoneのバッテリーが無くなってしまった!なんて方も多いかと思います。

しかし、あるポイントを抑えることでバッテリーの消費は軽減することができるかもしれません。

今回はどこを確認すれば良いのかをご紹介します!

広告

 【iPhone】バッテリー消費が早い時はSpotlight検索と位置情報に注目!

iPhoneのバッテリー消費が早くなったなと感じた場合に見直すポイントは、大きく分けて2つあります。

Spotlight検索」と「位置情報サービス」です。

それぞれについてみていきましょう。

 Spotlight検索

Spotlight検索という言葉は、iPhoneを使っていると見たことがあるかもしれません。しかし、正直どのようなメリットがあるのかもわからない人は多いでしょう。

 

iPhoneではホーム画面を下になぞると検索画面が出てきます。ここでは何が検索できるのかというと、iPhone内の様々な情報について検索できます。

(Spotlightの設定で有効になっているアプリが検索対象になる)

例えばSpotlight検索で「連絡先アプリ」をオンにしている場合、検索画面で名前を入力するとすぐに表示してくれます。

 

しかしこのSpotlight検索はすぐに結果を表示するという特性上、様々なアプリの最新情報を集めています。

つまり見えないところでiPhoneが働いているということです。

 

このSpotlight検索はオフにしておくことでバッテリーの消費を抑えられるのです。

オフの仕方は簡単。

 

設定アプリの「一般」に入り、「Spotlight検索」をタップ。するとアプリ一覧が表示されます。

右端のボタンが緑になっているとオンの状態ですので、不要な物はボタンをタップして白い状態にしておきましょう。

新たにアプリをインストールすると、そのアプリはオンの状態になってしまいますので、

定期的に確認することをおすすめします。

 

位置情報サービス

バッテリーを消費する機能として「位置情報サービス」も挙げられます。

例えば地図アプリで道案内をする場合には、自分の現在地を表示しなければならないため必要不可欠です。

 

しかし位置を表示するためには常に通信をしていることになるので、バッテリーの消費が激しくなるのも当たり前です。

そこで設定を見直してみてください。

 

設定アプリから「プライバシー」に入ります。一番上に「位置情報サービス」があるので、そこをタップ。

するとアプリ毎の位置情報に関する設定が表示されます。アプリによっては「常に許可」となっていることがあるので、タップして設定を変更しましょう。

基本的には「許可しない」で良いのですが、地図アプリなどは「使用中のみ許可」しておくと良いでしょう。

 

Spotlight検索と位置情報サービスは停止しても大丈夫?

以上のポイントを抑えることでバッテリーの消費は軽減されます。

しかしSpotlight検索と位置情報サービスは停止しても大丈夫なのか心配になる人もいるでしょう。

 

Spotlight検索は検索を便利にする機能であり、停止してもiPhoneの動きに影響が出ることはありません。

 

そして位置情報サービスですが、こちらは位置を表示しなければならないアプリでなければ問題ありません。

最近は位置情報を使ったゲームなどが多くあります。

そういったアプリでは位置情報を停止することで正常に動かなくなることがあるのでご注意ください。

 

今回紹介したSpotlight検索の使い方については、こちらの記事で紹介しています。

▶ 「Spotlight検索とは?iPhoneのデータをらくらく検索!


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ