はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / iPhone入門 / iPhoneの電源が勝手に落ちる/強制再起動する原因と解決法

iPhoneの電源が勝手に落ちる/強制再起動する原因と解決法

iPhone入門  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

iPhoneが強制終了してしまった!これって故障なの?

買ったばかりのiPhoneであれば、何をするにもサクサク動いてくれます。どんなに画質の良いゲームでも何のストレスもなく遊ぶことができるでしょう。

 

しかし、月日が経つにつれてだんだんと動きが遅くなっていき、アプリが勝手に終了してしまったり、果ては、iPhoneの本体が強制終了してしまったりすることも。

 

iPhoneがこのような状態に陥ると「もしかして故障?」と思ってしまうかもしれませんが、これは故障ではなく対処方法がちゃんとあるのです。

iPhoneが強制終了!これって故障なの?

iPhoneが強制終了してしまう場合、iPhoneの内部の情報が多くなり過ぎてしまっていることが考えられます。

 

iPhone内の情報が多くなってしまっている原因として、マルチタスクが挙げられます。

 

iPhoneには様々なアプリをインストールして使うことができますが、使ったアプリの状態をキープしたまま他のアプリを起動することができます。

つまり、見えないところでアプリが常に動いている状態なのです。

 

もし、アプリを閉じる際にホームボタンを押しただけで終わらせている人がいれば、かなりiPhoneに負担がかかっていると思われます。

 

マルチタスクの確認の仕方は簡単。ホームボタンを2回連続で押すだけです。この時、様々なアプリが起動したままであれば、以下ように多くの画面が出てくるはずです。 

これが多ければ多いほどiPhoneの負担が大きくなっているということです。

ということは、これを消せば強制終了を回避できるということです。

 

マルチタスクの消し方は簡単。上記の方法でマルチタスクの画面を表示し、必要のない画面を下から上になぞるだけで画面が消えます。

 

広告

不要なアプリが消しておく

 iPhoneの負担になるのはマルチタスクだけではありません。アプリも負担になってしまいます。

 

アプリには様々な情報が含まれています。

例えばゲームアプリであれば、画像の情報や文章の情報、ゲームシステムの情報などがあります。また、これらの情報は不要になってもアプリの中に残り続けます。

 

これを「キャッシュ」といい、キャッシュが溜まることでiPhoneがどんどんと重くなっていくのです。

 

そのため、使わなくなったアプリは消しておく方が良いでしょう。

 

 

iPhoneの故障についてはこちらの記事でも紹介しています。

故障かな?iPhoneが不具合を起こした時の対処法!


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ