はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / スマホ用語 / MVNOに乗り換えの際に気をつけておきたい「SIMの不通期間」

MVNOに乗り換えの際に気をつけておきたい「SIMの不通期間」

スマホ用語 SIMカード 2016.06.27

無題2

 

モバイルナンバーポータビリティ(MNP)を使って、通信事業者を切り替える際に注意しておきたいポイントとして、「SIMの不通期間」があります。

 

これは、モバイルナンバーポータビリティ(MNP)を使って、通信事業者を切り替える際に、切り替えの手続きが必要なので、手続きが終わって、SIMカードを携帯電話に差し込むまで電話が繋がらない期間が生まれるわけですね。

特にMVNO(エムブイエムオー)に通信事業者を切り替える際には、このSIMの不通期間も注意しなければいけません。

SIMの不通期間を無くす店頭で購入できるMVNOに興味がある方はこちらの記事を参考に↓

店舗で購入できるMVNOのお手軽さ

 

■MVNOならではのSIMの不通期間

SIMの不通期間は、大手キャリアであれば、ショップで作業が行われるので、数十分から1,2時間程度で終了しますが、MVNO(エムブイエムオー)であれば、かなりの時間が発生する場合があります。

MVNO(エムブイエムオー)の多くは、インターネットによる申し込みが多く、家電量販店で販売されているMVNO(エムブイエムオー)もパッケージ代だけ店舗で支払って、あとは自宅のPCなどで契約の手続きをおこない、後日、回線切替済みのSIMが配送される仕組みになっています。

 

MVNO(エムブイエムオー)事業者での作業も大手キャリア同様に数十分から数時間程度で終了しますが、そこから配送になるので、配送にかかる2,3日の期間が生まれるわけですね。

そのため、電話が使えない期間が長くなるMVNO(エムブイエムオー)事業者もあることを理解しておきたいところです。

 

■できるだけ、SIMの不通期間を無くす方法

MVNO(エムブイエムオー)事業者の中にもSIMの不通期間を無くす事業者があります。
一番わかり易い事業者としては、大手キャリアの様に店舗や売り場を独自に持っており、その場で回線切替がおこかえる事業者です。実際の店舗を構える「もしもシークス」がMVNO(エムブイエムオー)事業者の中では各地に店舗を構えている事業者になります。
また、イオンモバイルや大手家電量販店のビックカメラ、ヨドバシカメラなどでも独自のMVNO(エムブイエムオー)を展開しているので、店頭で契約から回線切替までサポートしています。

もう1つのやり方としては、インターネット申し込みで回線切替ができる事業者の存在です。
これは、事前にインターネットを通して、申し込みを済ませ、新しく利用するSIMカードを受け取った際に、ユーザーがインターネットを使って回線切替の作業をすると言うものです。

この場合は、SIMの不通期間が生まれないので、電話をすぐに使うことができます。

SIMの不通期間を無くす店頭で購入できるMVNOに興味がある方はこちらの記事を参考に↓

店舗で購入できるMVNOのお手軽さ


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ