はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / LINE(ライン) / LINE,Twitter,FaceBook,LINE MUSICが使い放題なLINE MOBILE

LINE,Twitter,FaceBook,LINE MUSICが使い放題なLINE MOBILE

LINE(ライン) SIMカード 2016.05.02   この記事は約3分で読めるよ

SIM 1

 

LINE MOBILE(ラインモバイル)は、あのLINE(ライン)が2016年にサービスを開始するMVNO(エムブイエムオー)サービスです。他のMVNO(エムブイエムオー)事業者と大きく異なるのは、自社サービスやTwitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)などのSNSサービスに対して、通信制限を設けないというポイントと最低利用金額は500円に設定しているポイントの2つがあります。

このLINE MOBILE(ラインモバイル)について、もっと詳しく踏み込んでいきましょう。

LINE以外でもデータ無制限に興味がある方はこちらの記事を参考に↓

パケット定額無制限の「ぷららモバイルLTE」

 

■LINE自らがサービスをおこなう安全性/LINE MOBILE

 

LINE(ライン)の問題点として、未成年の利用が度々問題視されてきました。

IDさえ交換すれば、見知らぬ人と交流ができてしまうため、未成年者が見知らぬ成人と交流をすることで、事件化してしまったりと世間を騒がせてきたので、LINE(ライン)では、未成年者に対して、ID検索ができない仕組みが取り入れられています。

 

しかし、この仕組みが取り入れられているのは、大手キャリアが持つ契約情報を元にしており、MVNO(エムブイエムオー)で契約した場合は、年齢確認ができないことから、成人であってもID検索ができないようにしています。

 

LINE MOBILE(ラインモバイル)で契約した場合は、自社の契約情報を元にサービスを利用できるので、未成年者であった場合は、ID検索ができず、成人になれば、ID検索の利用が可能になる仕組みが導入できます。

 

■他のMVNO事業者との違い/LINE MOBILE

 

MVNO(エムブイエムオー)事業者の中には、LINE(ライン)の利用の際に、テキストメッセージや写真の添付は通信制限を設けないなどLINE(ライン)に対してのサービスをおこなう事業者もあります。

 

LINE MOBILE(ラインモバイル)では、当然、テキストメッセージや写真の添付は通信制限を設けないのですが、他のMVNO(エムブイエムオー)事業者以上に、LINE(ライン)サービスを利用しやすい環境があります。

 

それが、LINE(ライン)を使った音声通話サービスの”通信制限なし”です。

テキストメッセージや写真の添付以上に情報量が多いのが、音声通話であり、LINE MOBILE(ラインモバイル)では、その音声通話も通信制限無しで利用可能です。

 

また、情報量が多いサービスとして、LINE MUSIC(ラインミュージック)があり、このサービスも通信制限無しで利用可能になります。これにより、わざわざWi-Fi(ワイファイ)がある場所で、曲をダウンロードして、外出時に聞くことをしなくても、聞きたい曲があれば、データ通信容量を気にせずにストリーミング、ダウンロードして聞くことができます。

LINE以外でもデータ無制限に興味がある方はこちらの記事を参考に↓

パケット定額無制限の「ぷららモバイルLTE」

to-column-index


 

関連コラム

関連Q&A

答えてQ&A

あんどろっぷは、スマートフォンの疑問や問題を、質問して解決できる
国内最大級のスマホQAサイトです。

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ