はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / 裏ワザ / Chrome裏技! データセーバーでデータ通信量節約!

Chrome裏技! データセーバーでデータ通信量節約!

裏ワザ インターネット(ブラウザ)  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

Chrome・データセーバーでデータ通信量を節約!

スマートフォンを使っていると、月のデータ使用量が気になりますよね。ほとんどのスマートフォンで利用している契約ではデータの使用量に上限があり、これを超えるとLTEの最大速度の40~50分の1となる大幅な速度低下になってしまいます。その対策にChrome(クローム)が役に立ちます!。

 

こんな記事も読まれています↓

Google Chromeのタブ機能なら複数画面を閲覧できる!/スマホ,Android,アンドロイド

 

広告
 

■スマホの通信データの使用量には限りがある

au、docomo、Softbankとも通常の契約であれば一ヶ月のデータ使用量は最大7Gbytesが上限となっています。これを超えると大幅な速度低下のペナルティーがあり、地図の読み込みでさえ時間がかかってしまいます。動画にいたっては、まともに使えないレベル。また通信使用量を少なくして月額を下げていたり、家族間で通信量をシェアしているため少しでも通信データの使用量減らしたいといったニーズが高まっています。

■データ使用量を節約するならChrome(クローム)

Androidsのスマートフォンで通信データ使用量を少しでも節約したいときに、Google(グーグル)のブラウザChrome(クローム)データセーバー機能がお勧め。それはChrome(クローム)を使用してやり取りしたデータが自動的に少なくなる機能を持っているからです。では、データセーバーの超簡単な設定方法を紹介しましょう。

Chrome(クロメ)のアプリを起動して、右上の設定マークをタップします。

Screenshot_2015-06-23-00-06-17 Screenshot_2015-06-25-01-21-55

メニューが開くので、上にスクロールして『設定』をタップします。

Screenshot_2015-06-25-01-22-02 Screenshot_2015-06-25-01-22-09

設定のメニューが開くので、データセーバーをタップします。

すると右上にボタンが現れるので、右にスライドしてオンにします。これでChrome(クローム)設定は完了です。

Screenshot_2015-06-25-01-22-39 Screenshot_2015-06-25-01-23-06

 

■Chrome(クローム)データセーバーの効果は?

最初のうちはChrome(クローム)上でのデータの使用量が少ないので効果がはっきりわかりませんが、しばらく使っているとデータセーバーの設定画面に、どの程度データが節約できたかが表示されます。

実際にしばらく使用してみたところ、Chrome(クローム)の設定画面では元のサイズ200MBytesに対して103MBytesを使用したと表示されました。何とデータ使用量が半分近くに!。

Screenshot_2015-06-25-01-22-51

使ってみた感じは何の違和感も無く、遅くなるようなことも感じません。

Chrome(クローム)を使用したときだけ有効な機能ですが、ブラウザをよく使う方には効果が高いのでお勧めです。使い方も、設定をオンにしておくだけなので誰でも簡単にChrome(クローム)のデータセーバー機能を使用することができます。

 

こんな記事も読まれています↓

Google Chromeのタブ機能なら複数画面を閲覧できる!/スマホ,Android,アンドロイド


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

関連コラム

関連Q&A

答えてQ&A

あんどろっぷは、スマートフォンの疑問や問題を、質問して解決できる
国内最大級のスマホQAサイトです。

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ