はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / ガジェット・アクセサリー / 【iPhone】アイフォン専用:装着するだけで充電ができるバッテリー内蔵型ケース

【iPhone】アイフォン専用:装着するだけで充電ができるバッテリー内蔵型ケース

ガジェット・アクセサリー iPhone入門 バッテリー・充電  この記事は約3分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

遅まきながらiPhoneデビューをした私。

iPhoneは非常にデリケートなため、強烈な保護カバー等が必要と聞いて

早速耐衝撃シールを全面に貼りました。

今回は、それに加えて「ケース」も購入。

2014-03-01 20.17.43

これはなんと、ケース本体がバッテリー内蔵型になっていて、端末をケースに入れるだけで充電ができるのです。

aigo iPhone4S/4専用バッテリーケース i616」(Amazon価格で4700円)

※バッテリー容量=1500mA

 

実際使い勝手はどうでしょう?

見た目、ケースはかなりごついですが…。

2014-03-01 20.20.53

 

まずは使い方から。

 

■充電つきケースの使い方

ケースの中に端末を入れます。

ケースの蓋を外した状態で端末を入れ、後から蓋を装着する方法が一番楽かと。

2014-03-04 21.24.14 - コピー

2014-03-04 21.25.33

 

充電は、3つの方法で行えます。

 

1.内部バッテリーのスイッチを入れて行う

⇒ケースに装着しただけで充電できる! 

一番楽な方法です。

2014-03-04 23.11.34

 

2.外部バッテリーと電源コンセントを使って充電

内部に付属されたUSBケーブル(あるいは手持ちのUSB)を他のバッテリーに差し込み、電源コンセントに繋いで充電

通常使いのバッテリーが必要。

2014-03-01 20.25.00

 

3.内部に付属されたUSBケーブルを使う

⇒パソコンに繋いで充電、あるいはモバイルバッテリーを使う時に

2014-03-03 22.19.35

 

さあ、使ってみます!

 

まずは、ケース左側のチェックボタンで、バッテリー残量をチェック

2014-03-03 22.34.38 - コピー

 

バッテリー残量は、底面を見ると確認できます。

青いランプが消えていたらバッテリー残量ゼロ。

IMG_20140304_214428

 

青いランプが多いほどバッテリー残量は多く残っています。

IMG_20140304_214344

 

底面の青いランプを見て、バッテリー残量が不足していれば、バッテリーケース本体を充電します。

付属のUSBケーブルを使いコンセントに差します。

2014-03-01 20.25.00

私は装着したままで充電しました。

ケースと端末を同時に充電できるので。

30%からスタートし、100%充電完了するまで1時間半。

 

ケース本体が充電されていれば、以後はケース左側上の充電スイッチを入れればUSBケーブルなしで充電できます

2014-03-03 21.06.57 - コピー

 

ちなみに内部に付属されたUSBはこちら。

2014-03-03 20.56.17 - コピー

 

これは、別のスマホやガラケーを充電するためのモバイルバッテリーを持ち歩いているときに、使えそう。

が、ケーブルの長さが短い!

最大限に引っ張って、上の写真の長さです。。

普段使いとしてはケーブルの長さ的にも不便なので、どうしても必要な時に。

2014-03-03 22.19.35

 

■実際使ってみて

まずは、重い!!

バッテリーケース本体重量は、0.05㎏だそうですが、手に持つとずっしり来ます。

厚さも約1.5倍に?

IMG_20140304_165126 - コピー

 

それでも、モバイルバッテリーを持ち歩くことを考えれば結局同じ重量になるので、

ケーブルなしで充電できて、壊れやすいiPhoneをがっちりカバーしてくれるという面では星5つ。

 

価格は、他の人は1000円以下で買えたようなので、探せばもっと安いところがあるかも?

個人的には買って損はない逸品だと思います。

 


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ