Google Drive(グーグルドライブ)の使い方【超入門編】PCとアンドロイドを同期させてみた!

スポンサーリンク

ネット上に文書やPDFなどのファイルを保存しておけるオンラインストレージといえば、ドロップボックスが代表的ですが、このたびグーグルドライブというオンラインストレージができたということで、私もインストールしてみました。

 

既にドロップボックスを使っている人でも、容量がいっぱいいっぱいになってきたなら、2個使い分けるのも手ですね。お金を払ってまで容量を増やしたくない、という人は特に。

 

【無料で利用できる容量】

ドロップボックス=2GBまで

(「友達に紹介すると1件500MB増量(最大18GB)」他、ドロップボックスが推奨するGB増量サービスを使えば、増量可能。有料サービスは、月9.99ドルで100GBずつ増量)

グーグルドライブ=5GBまで

(月2.50 ドル以内で25GBに増量)

 

ドロップボックスとグーグルドライブ、二つ合わせると無料で使える保存容量は7GBに!さらに、ドロップボックスの紹介サービスなどでちまちま増量していけば、合計23GBにはなりそうですね!

 

もちろん、写真や動画をガンガン保存したい人は23GBでは全然足りないと思いますが。

 

グーグルドライブのインストールはこちらから↓

Personal Cloud Storage & File Sharing Platform - Google
Learn about Google Drive’s file sharing platform that provides a personal, secure cloud storage opti...

 

それが済んだら、アンドロイドでもグーグルドライブアプリをインストールして、同期させましょ。同アプリはもちろん無料です!

Google ドライブ - Google Play のアプリ
Google Workspace のサービスのひとつである Google ドライブを使用すると、安全に保存、アクセス、共有できます。

※注意:グーグルドライブはGoogleアカウントを取得しないと使えません!

 

インストール後、「マイドライブ」を開くと、パソコンのほうで入れておいたファイルが既に同期されています。

 

 

更新したい場合は、メニューキー⇒更新ボタンを。

PCに入れておいたファイルが、同期されてますね!

 

以上、今回はグーグルドライブの超入門的な使い方を書きました。グーグルドライブならではの利便性は、また追ってリポートします!

 

★グーグルドライブ(無料)のダウンロードはこちらから↓

Google ドライブ - Google Play のアプリ
Google Workspace のサービスのひとつである Google ドライブを使用すると、安全に保存、アクセス、共有できます。

 

【対応OS】

アンドロイド2.1以降

この記事を書いた人
WEB編集部をフォローする
アプリ活用術
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました