はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / iPhone入門 / 【iPhone】マップの画面を3D化して見やすく!(アイフォン)

【iPhone】マップの画面を3D化して見やすく!(アイフォン)

iPhone入門 GPS アプリ活用術  この記事は約1分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

iPhoneがあれば初めての街でも安心。最寄り駅から近くのコンビニ、レストランに銀行までなんでもマップのアプリですぐに探せます。

 

現在地をタップするだけで今いる場所と近くに何があるのかが一目瞭然になるマップアプリはとても便利で、多くのiPhoneユーザーが重宝していることでしょう。

 

そんなとっても便利なマップアプリですが、実はまだまだ隠された機能があります。

 

マップの画面を3D化して立体感のある地図にするのも、そんなマップの隠された機能の一つです。

 

■iPhoneのマップ画面を3D化して見やすくする裏技

 

iPhoneのマップの画面は一見すると平らで味気ない地図です。しかし、簡単な方法でまるで上空から街並みを見ているような、3D化した状態にすることができます。

 

画面を3D化するためには、まずiPhone【マップアプリ】を開きます。
マップをタップ

 

【マップアプリ】の右下にある【i】をタップします。
Iをタップ

 

【航空写真】をタップします。
航空写真をタップ

 

【航空写真】をタップすると、今までの通常の地図が3D化し、街の詳細を知ることができます。
マップが3D化

 

これから行く場所の詳しい風景や、直接見ないとわからないようなモノを探すときに役立つ機能ですね。


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ