はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / アプリ活用術 / Google翻訳は語学学習に最適だった!ライティングからスピーキングまで!

Google翻訳は語学学習に最適だった!ライティングからスピーキングまで!

アプリ活用術  この記事は約3分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

Google翻訳は語学学習に最適だった!ライティングからスピーキングまで!

何か新しいことを始めようと思った時、語学学習を始める人は多いのではないでしょうか。
実は私もその1人で、最近になって韓国語の勉強を始めました。

そんな中、Google翻訳のアプリが非常に使いやすかったので、今回はおすすめのポイントをご紹介します。

Google翻訳の便利な使い方は、こちらの記事でもご紹介しています。

▶ 「海外に行く人必見。しゃべって訳すGoogle翻訳アプリ」

 

広告

・分からない単語はすぐに調べられる

Google翻訳は当然ですが、翻訳をしてくれるアプリです。
例えば英文などを読んでいて、わからない単語が出てきたら、アプリを開いてすぐに調べることができます。

もちろん逆も可能。
日常生活の中で「この言葉、英語だと何て言うんだろう?」という場合には、日本語から英語に翻訳することもできます。

語学学習において大切なのは、気になったらすぐに疑問を解消することです。

この英単語の意味は?」など、疑問を持ったときこそ学習のチャンスです。

すぐにGoogle翻訳を開いて調べましょう。

 

この時のポイントとしては、キーボードでしっかりと入力することです。
スマホで見つけた英単語などはコピーして貼り付けることでも翻訳できます。
非常に簡単な方法ではありますが、そうしてしまうと英単語のスペルが覚えられません。

そこで少し面倒ではありますが、キーボードで手入力しましょう
こうすることで、少しだけ単語を覚えやすくなるように思えます。

ちなみに韓国語など、英語と日本語以外をキーボードから入力したい場合は、簡単に設定できます。

まず「設定」アプリを開き、「一般」から「キーボード」へと進みます。

 

一番上に「キーボード」という欄があるので、そこをタップ。

 

一番下の「新しいキーボードを追加…」をタップします。

 

すると様々な言語を選択できますので、使いたい言語を選択しましょう。

 

設定した言語は、キーボード左下のマークを長押しすると選択できます。

 

・スピーキング力も鍛えられる

Google翻訳を使った語学学習方法をご紹介していきました。
しかしここまでの方法では、「読む力」と「書く力」のみが鍛えられることになります。

しかし大切なのは、やはり「話す力」ではないでしょうか。

Google翻訳では話す力も鍛えらえるのです。


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ