はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / アプリ活用術 / ゲーム「Slender Man!」で秋の夜長に恐怖体験

ゲーム「Slender Man!」で秋の夜長に恐怖体験

アプリ活用術  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

こんばんは、おしぃです。

 

最近、ようやく涼しい日が

あったり、秋の前触れを感じさせます。

夏も終わろうかという、このタイミングで

今回、あえて、このアプリを紹介したいと思います。

「Slender Man!」

 

普通に考えると白黒よりもカラーの方が

ユーザ受けがいいと思うのですが、このゲームは基本白黒です。

 

そのスマホの小さな画面の中に

心臓が飛び出るような、恐怖の世界観が作りこまれています。

 

まず、ゲームを始めると何の情報も無い状態で

いきなり、どこかの道路に立っています。

そして、道路脇は暗くてよく見えないのですが、どうやら森林になっており

虫達の声が引っ切り無しに聞こえています。いや、聞こえる音はただそれだけなのです。

とりあえず、画面の右側を指で擦ると

視点の移動で辺りをグルグルと見回せます。

 

しかし、見えるものと言っても

一本に伸びている道路と

さびしく光る街灯のみ・・・

 

だいたいの状況は把握できたので

とりあえず、歩いてみる事にしました。

歩くのは画面の左側を押さえながら

指を少しずらします。

ここでようやく、虫の声以外に

自分の足音という音が聞こえてきます。

しばらく歩いていると、木に紙が

近づいて見ると 「RUN!(走れ!)」の文字が・・・

 

紙に近づくと画面真中上にあるカウントがアップしました。

どうやら、この意味不明な紙を集める事が目的なようです。

しばらく進むと数台のトラックが見えてきました。

そして、その奥には建物が・・・

音楽もほんのり入っていて、この辺から恐怖感が凄いです。

そして、ここで大きな1つの問題に気がつくのです。

 

それは、

 

 

「歩く」以外に主人公を操作するものが用意されていない事。

 

 

つまり、この世界の中で、

もし何かに遭遇したら・・・

そう、先ほどの紙にあった「Run!」

つまり「逃げるしかない」という事です。

 

そして、この限られた制限の中、

僕はどんな景色があり僕が何を見たのか・・・

 

■「Slender Man!」のダウンロードはこちら↓

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.digitalcodeworks.slendermanfree

 


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ