はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / アプリ活用術 / 2匹のアリの物語:アプリ「鬼から電話」でいたずらっ子をびっくりさせよう

2匹のアリの物語:アプリ「鬼から電話」でいたずらっ子をびっくりさせよう

アプリ活用術  この記事は約4分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

こんにちは、おしぃです。

 

東京都千代田区飯田橋

その飯田橋の一角にある小さな公園

 

このお話は、その公園に住む2匹のアリ

「イーダ」「チョーダ」のお話です。

 

イーダ:「いたたたた・・・」


チョーダ:「ん?どげんしたと?」


イーダ:「ちょっと腰やってねえ・・・」


チョーダ:「腰?なんで?」


イーダ:「俺の121番目の弟覚えてる?」


チョーダ:「121番目・・・いや、覚えとらんわ・・・」


イーダ:「ほら、顔が黒くて触覚がやたら立ってる」


チョーダ:「いや・・・アリは全部同じたい・・・」


イーダ:「まあいいや、その121番目がさ」


チョーダ:「うん」


イーダ:「今、3歳なんだわ」


チョーダ:「あ~、そらやんちゃな盛りやんね」


イーダ:「そそ、それでさぁ」


チョーダ:「うん」


イーダ:「俺が寝てる腰の上でぴょんぴょん跳ねるもんだからさ」


チョーダ:「なるほど・・・それで腰やっとったい」


イーダ:「いててて・・・」


チョーダ:「そげんとじゃ仕事にならんやろ」


イーダ:「そうなんだよな・・・困った・・・」


チョーダ:「イーダが優しすぎるったい」


イーダ:「そういうチョーダはどうしてんの?」


チョーダ:「俺は、あれたい、ビシーっつってバシーたい!」


イーダ:「ビシーっつってバシーって?」


チョーダ:「悪い子はアゴ掴んで説教たい」


イーダ:「え~、うそくさいなぁ・・・」


チョーダ:「す・・・鋭かね・・・」


イーダ:「何か良い方法知ってそう、教えろよお~」

 

チョーダは辺りを見回してから、こっそりと

イーダの耳元で言った。


チョーダ:「いいや、誰にも言ったらいかんばい」


イーダ:「うんうん」


チョーダ:「このアプリば使うったい」


イーダ:「なにこれ?”鬼から電話”?」

 

 

 

チョーダ:「そうたい、これがもの凄い効果あるとよ」


イーダ:「ごめん、よく解らないんだけど・・・何これ?」

 


チョーダ:「このメニューば見てんの」

 

イーダ:「何か子供向けっぽいね」


チョーダ:「それでくさ、いう事きかん子供にこう言うったい」


イーダ:「ん?」


チョーダ:「”悪い事しよったら鬼から電話あるよ!!”って」


イーダ:「鬼・・・から・・・?」


チョーダ:「それで、この”言う事きかない時”ば選ぶやん?」


イーダ:「うん」


チョーダ:「そしたら・・・・」


イーダ:「そしたら・・・・?」


チョーダ:「この画面になって鬼が喋る訳たい」

 

 

イーダ:「ぎゃあああああ!!!超!!超怖いっ!!」

 

チョーダ:「怖かろうが~、俺も足6本全部すくんだもん」


イーダ:「うひゃ~、こりゃ子供はびびるわ・・・」

 

チョーダ:「でもな・・・・」


イーダ:「いや~いいね、これ、最高だ」


チョーダ:「いや・・・」


イーダ:「ん?どうした?」


チョーダ:これのおかげで弟が怖がって俺を避けるとよ・・・


イーダ:「・・・・」


チョーダ:「うう・・・」


イーダ:「ど・・・どんまい・・・」

 

こうして、チョーダの背中は日々

哀愁を増していくのであった。

 

■「鬼から電話」のダウンロードはこちら↓

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.oni.oni

 


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ