処理能力計測アプりでスマホの進化の度合いを確かめてみました。

スポンサーリンク

こんにちは、おしぃです。

 

先月末、auの2013冬モデルであるFJL22を購入しました。

今回は、最新モデルの性能がどれくらいのものか

目でわかるように性能を計測するアプリ

確認してみることにしました。

 

といっても最新機種だけ計測しても

その変化がわかりにくいと思いますので

僕の手元にある歴代スマホで確認してみることにします。

 

使用するアプリは「AnTuTu Benchmark」

アプリの使用方法については最後に記載してます。
気になる方はご確認ください。

 

IS03:

SHARP発の2010年モデル:Android2.2

上記アプリがAndroid2.2に対応しておらず

残念ながら今回は断念

 

IS12SH:

SHARP発の2011年モデル:Android2.3

数値:5106

 

Iconia Tab A500:

Acer発の2011年モデル:Android3.2

スクリーンショット取れず、数値:7384

 

ISW13F

富士通発の2012年モデル:Android4

数値:7979(エコモード時:5831)

 

MeMO Pad HD 7

ASUS発の2013年モデル:Android4

数値:10017

 

FJL22

富士通発の2013年モデル:Android4

数値:34448(エコモード時:13826)

 

以上のような結果になりました。

年代に比例して数値も良くなっていますが

最後のFJL22の数値は飛びぬけていますね。

 

しかし、2011~2013年という短い期間で

これだけの数値の違いが出るほどなのは驚きです。

 

確かに最後のFJL22に関しては

特筆すべき不具合も特になく

かつ、処理も高速なのに電池もちも良く

過去の携帯で感じていたような不満もありません。

※回線がLTEなのも大きい

 

正直な感想としては、スマホはあくまで電話ですし

これ以上のハードウェアの進化は必要なのか?

と、思ってしまいます。

さすがに、IS12SH(数値:5106)では、3Dになると

まともに動かないゲームも多かったですが

感覚的には、この数値が7300以上あれば

よっぽどの重たいゲームではない限りは動くのではないのでしょうか

 

しかし、FJL22の数値:34448はビックリしました。

FJL22と同時に買ったiPhone5Sでも試したかったのですが

同じアプリが見当たらなかったので断念しました。

 

—————————————————

「Antutu Benchmark」の使い方について

 

まず、アプリを起動すると以下の画面になります。


しばらくすると、広告画面が起動するので

左に指を滑らせて、ページをめくってください。


さらに2ページ目の広告が表示されるので
先ほどと同じ要領で左にめくってください。


初期の画面は以下の様になっています。
画面真中にある緑色の「Test」ボタンを
タップしてください。


するとテストする項目について選択できる
画面が表示されます。
ここは、何も考えずに、再び「Test」ボタンをタップで
進んでください。


するとお持ちのスマホの処理能力テストが開始されます。
機種によって時間は様々ですが、待ちになります。

しばらくは、画面上にテスト用の画像が
パラパラと表示されるので
それを楽しみつつお待ちください。

最後にスマホの名前とともに
お持ちのスマホの総合点が表示されます。

その時のスマホの状況によって多少の変化があるので、
毎回必ず同じ点数が出るとは限りませんが
だいたい近い数値になるはずです。

みなさんのスマホは何点になりましたか?

この記事を書いた人
WEB編集部をフォローする
新機種裏ワザ
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました