はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / 新機種 / iPhoneSEはiPhone5s,iPhone6sと何が違う?違い解説

iPhoneSEはiPhone5s,iPhone6sと何が違う?違い解説

新機種 iPhone入門  この記事は約3分で読めるよ


▲当サイト提供のイベント(会場:東京 田園調布)▲



(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

se02

 

世界から注目されるスマートフォンの代表格「iPhone(アイフォン)」。そのiPhone(アイフォン)ファミリーに新しい仲間が加わりました。

それが、iPhoneSE(アイフォンエスイー)です。デザインとサイズは、iPhone5s(アイフォンファイブエス)と同じであり、iPhone5s(アイフォンファイブエス)の4インチが気に入ったユーザーは注目していたのではないでしょうか。

 

しかし、既にiPhone5sがある以上は、何が進化したのか判断がしにくいかと思います。また、現行のiPhone6s(アイフォンシックスエス)との違いも気になるところ。

今回は、iPhoneSE(アイフォンエスイー)は従来のiPhone(アイフォン)と何が異なるのかご紹介します。

 

安いSIMフリースマートフォンに興味がある方はこちらの記事を参考に↓

安い端末を揃えるgoo(グー)のスマホ

 

広告

■中身はiPhone6s、ボディはiPhone5s

 

iPhoneSE(アイフォンエスイー)を一言で表せば、中身はiPhone6s(アイフォンシックスエス)、ボディはiPhone5s(アイフォンファイブエス)になります。

CPUは、iPhone6s(アイフォンシックスエス)/iPhone6s Plus(アイフォンシックスエスプラス)で採用されているApple A9(アップルエーナイン)が搭載されており、処理能力はiPhone6s(アイフォンシックスエス)/iPhone6s Plus(アイフォンシックスエスプラス)相当になります。

カメラもiPhone6s(アイフォンシックスエス)/iPhone6s Plus(アイフォンシックスエスプラス)と同じ、アウトカメラ1200万画素、インカメラ500万画素を搭載しており、ビデオ撮影時には、4Kの解像度でビデオ撮影も可能です。また、インカメラで自撮りをする際には、Retina Flash(レティナフラッシュ)と呼ばれるフラッシュの代わりに画面の明るさでフラッシュを使う機能も搭載しています。

 

ボディは、iPhone5s(アイフォンファイブエス)と同じパーツで構成しているので、サイドのボタンの位置や、画面の解像度は、iPhone5s(アイフォンファイブエス)と同じになります。まさに、iPhone5s(アイフォンファイブエス)のボディにiPhone6s(アイフォンシックスエス)の機能を搭載したわけです。

 

■実は3D Touchに対応していません

 

iPhone6s(アイフォンシックスエス)/iPhone6s Plus(アイフォンシックスエスプラス)と同じ処理能力や機能を持つiPhoneSE(アイフォンエスイー)ですが、iPhone6s(アイフォンシックスエス)/iPhone6s Plus(アイフォンシックスエスプラス)から新しく搭載された3D Touth(スリーディタッチ)には対応していません。

3D Touth(スリーディタッチ)は、画面をタッチする強弱を判断して、別の機能性を持たせる機能です。従来のiPhone(アイフォン)同様の操作性を求めるなら、あまり関係がありませんが、iPhone6s(アイフォンシックスエス)/iPhone6s Plus(アイフォンシックスエスプラス)から乗り換える際には注意が必要です。

安いSIMフリースマートフォンに興味がある方はこちらの記事を参考に↓


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ