はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / 新機種 / 19,800円で買えてしまう「ZenFoneGo」と「ZenFone2」の違い

19,800円で買えてしまう「ZenFoneGo」と「ZenFone2」の違い

新機種 スマホ入門  この記事は約3分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

zenfonego

SIMフリースマートフォンの中で、人気があるシリーズとして、「ZenFone(ゼンフォン)」があります。

そのZenFone(ゼンフォン)シリーズに新たな仲間が登場しました。それが、ZenFoneGo(ゼンフォンゴー)です。

ZenFoneGo(ゼンフォンゴー)は、ZenFone(ゼンフォン)シリーズの中で、廉価版の位置付けで登場しており、価格がなんと、19,800円に設定されているのが最大の特徴です。

では、エントリーモデルのZenFone2(ゼンフォンツー)と何が違うのかをご紹介します。

他のZenFoneシリーズについてはこちらの記事を参考に↓

約3万円で買える高性能スマートフォンZenFone(ゼンフォン)

 

広告

■CPUの違いは、どのように影響するのか

ZenFoneGo(ゼンフォンゴー)は、価格を抑えるために、CPUの処理能力が劣る一面があります。
エントリーモデルのZenFone2(ゼンフォンツー)は、33,264円と、ZenFoneGo(ゼンフォンゴー)より、約1万円高いモデルですが、その分、性能が高く、モバイルPCなどで使われるATOM(アトム)プロセッサーが搭載されています。

このCPUの大きさは、スマートフォンの処理能力に直結する部分で、特に3Dゲームなど重い処理をさせる場合に違いがあらわになります。

しかし、スマートフォンユーザーによっては、3Dゲームなど重い処理を求めるユーザーとは別に、簡単な処理で済むパズルゲームやメッセンジャーの利用のみの使い方をするユーザーもいます。
そのようなユーザーは、わざわざ高い金額を出して、高性能なスマートフォンよりも、ZenFoneGo(ゼンフォンゴー)のような安価なスマートフォンでも不満なく使えます。

 

■ZenFone2Lazer(ゼンフォンツーレザー)との差別化

ZenFoneGo(ゼンフォンゴー)と似たようなコンセプトを持つZenFone(ゼンフォン)として、ZenFone2Lazer(ゼンフォンツーレザー)という商品があります。
デザインも大きさもほぼ同じですが、価格差として、約5,000円高くなります。

この違いもやはり、CPUの処理能力で、ZenFone2Lazer(ゼンフォンツーレザー)はZenFone2(ゼンフォンツー)よりも性能が劣るが、ZenFoneGo(ゼンフォンゴー)よりも性能が高いポジションになります。
ZenFoneGo(ゼンフォンゴー)がスマートフォン初心者向けのモデルだとしたら、ZenFone2Lazer(ゼンフォンツーレザー)は、ちょっとスマートフォンに慣れてきた人向けのモデルと言えるでしょう。

他のZenFoneシリーズについてはこちらの記事を参考に↓

約3万円で買える高性能スマートフォンZenFone(ゼンフォン)


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ