はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / ガジェット・アクセサリー / いつでもどこでもVR体験。スマホ用HMD人気ランキング

いつでもどこでもVR体験。スマホ用HMD人気ランキング

ガジェット・アクセサリー カメラ/写真・画像・動画  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

昨年2016年は「VR(仮想現実)元年」と呼ばれ、ゲームや映像作品を中心に数多くのVRコンテンツがリリースされました。「VRってどんなものなのかぜひ試してみたい」という方も多いのではないでしょうか?

ただ、そこでネックになってくるのがVRコンテンツの視聴に必要なヘッドマウントディスプレイ(HMD)の価格です。

Oculus RiftやHTC Viveといったハイエンドモデルは実売9万円以上。比較的安価なPlayStation VRでさえ、現在はプレミアが付いて6万円以上が相場です。

「ちょっと試してみたい」くらいではなかなか手が出ない価格ですよね。

そんな時におすすめなのがスマホをセットするだけでVRコンテンツを楽しめるスマホ用HMD。手軽に購入でき、いつでもどこでもVR体験を楽しめるスマホ用HMDの人気ランキングを発表します。

第3位:Google Cardboard

画像出典 Google Cardboard

名前の通りGoogleが提供している簡易型HMDです。レンズの性能はハイエンドモデルには及びませんが、ダンボール製のため非常に軽いうえ衝撃にも強く、子どもに遊ばせる際にも安心ですね。

完成品が¥1,500前後で購入できるほか、Googleの公式サイトから設計書をダウンロードして材料を揃えれば、自分で作成することもできます。

広告

第2位:HOMiDO

画像出典 HOMiDO

フランス製のオリジナルカスタムレンズが搭載されたスマホ用HMDです。価格は¥6,000~7,000前後と他のスマホ用HMDと比べるとやや高めですが、視野角が103°と非常に広く、VRコンテンツの特徴である視点に連動して変化する映像を思う存分楽しめます。

「ハイエンドモデルは購入できないけど、VR体験の質にはこだわりたい」という方におすすめ。

第1位:ハコスコVR

画像出典 ハコスコ

日本製の簡易型HMD「ハコスコ」のデラックス版です。価格は¥3,000前後。本体がダンボールからプラスチック製にバージョンアップし、使わない時は縦横を折りたたんで持ち歩けます。

非常にコンパクトに設計されているため光の漏れが非常に少なく、没入感が妨げられることもありません。価格と性能がバランスよく両立されたモデルです。

 

⬇こちらもあわせてお読みください⬇

VRゴーグルが付属されたフランスのスマートフォン「ALCATEL IDOL 4」


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ