はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / アプリ活用術 / 「Cocktailing」さえあれば、バーでしたり顔!

「Cocktailing」さえあれば、バーでしたり顔!

アプリ活用術  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

こんにちは、

バーに行っても芋焼酎しか注文しない

生粋の九州人のおしぃです。

 

いや~、本当はね

「ギムレット!」

とか言って頼みたいんですよ。

じゃあ、ナゼ芋焼酎なの?って事ですが

メニューを見た時には有名どころであれば

だいたい解ります。

そこはOK!

ただね、それが何と何を混ぜたものか

サッパリ解らないんです。

 

あまりお酒に強くないんで

ウォッカベースとかはイヤだし

ジンやウィスキーの味は苦手だし・・・

そんなこんなで、

安全な芋焼酎で済ませちゃうという・・・

 

じゃあ、店員に聞けばいいと思うんですけどね。

こんな思い出があるんです。

 

初めてバーに行った時、

当時の彼女と一緒だったんですよ。

その時も何を注文したら良いのか解らずに

「爽やかな夏の海をイメージしたのお願いします。」

とか、したり顔で注文したら

超苦手な味で、さっさと済ませようと一気飲み

ふと、彼女を見たら、「私、これ苦手~」とか言われて

そっちも渋々一気飲み。

それがまた、凄いアルコールがきつくて

ほどなくして、ぶっ倒れたのです。

 

でも、もう大丈夫です。

僕には強い味方がいます。

 

 

「Cocktailing」

読んで字の如く、

まさにカクテルの辞書です。

その登録数ももの凄い数で大抵HITします。

 

検索も色んな角度から可能ですし

バーに行く前に事前に研究するもよし、

注文時に連れの為に合いそうな

カクテルを探してあげるもよし、

何にしても、このアプリさえあれば

付き合いに一役かってくれるのではないでしょうか。

 

■「Cocktailing」のダウンロードはこちら↓

【Android】

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.frog_eight.cocktailing

 


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ