はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / 通話 / 固定電話の電話をスマートフォンで受け取る日本通信の「SkyGateway」(スカイゲートウェイ)

固定電話の電話をスマートフォンで受け取る日本通信の「SkyGateway」(スカイゲートウェイ)

通話 スマホ用語 アプリ活用術  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

skygateway

「SkyeGateway」(スカイゲートウェイ)は、日本通信がサービスをおこなう固定電話の電話をスマートフォンでも発着信できるサービスです。特にSOHOや個人事業主など在宅ワーク向けのサービスで、固定電話とモジュラージャックの間に専用アダプターである「SkyeGateway」(スカイゲートウェイ)を設置することで、固定電話に掛かってきた電話をすぐにスマートフォンに鳴らすことができます。

スマートフォンには、iP電話経由で電話を転送させるので、固定電話の通話料金で通話ができるのが魅力的と言えるでしょう。
従来の携帯電話向けに転送させるサービスはありましたが、初期設定の複雑さや電話の転送料の高さなどが問題でした。

「SkyeGateway」(スカイゲートウェイ)は、初期設定のシンプルに、電話の転送料をIP電話を使うことで、コストを削減することで、注目されるサービスです。

 

IP電話アプリを使って、通話料を抑えたい方はこちらの記事を参考に↓

月額基本料0円で通話料半額「通話料いきなり半額」は音質がいい!/スマホ

 

■「SkyeGateway」(スカイゲートウェイ)の課題点

SOHOや個人事業主が外出先でも、固定電話の電話番号が利用できる大変魅力的なサービスですが、課題点が多いのも事実です。

まず、利用できるスマートフォンは、現在のところ日本通信が販売する「VAIO Phone」(バイオフォン)のみです。

また、サービスは日本通信が直接サービスを提供するのではなく、パートナー企業を通して提供されるので、料金体系などパートナー企業が設定するものとなります。
サービスがまだ、開始されていないので、不透明な部分が多いサービスですが、サービスが開始されれば、SOHOや個人事業主には大きな強みになるのではないでしょうか。

 

■日本通信が掲げるIP電話戦略

「SkyeGateway」(スカイゲートウェイ)は、日本通信のIP電話戦略の1つです。
IP電話とは、インターネット回線を利用した電話サービスのことで、インターネット回線を利用することで、従来の携帯電話料金より約半額ぐらいの通話料金で通話ができるメリットがあります。

また、海外に電話をかけた場合のコストも大きく違うので、ビジネスニーズに人気があります。
日本通信では、以前、「モバイルIPフォン」と言うサービスを展開していました。残念ながらサービスは終了してしまいましたが、「SkyeGateway」(スカイゲートウェイ)を機にこれから新しいIP電話サービスを展開していくので、注目しておきたいところです。

 

IP電話アプリを使って、通話料を抑えたい方はこちらの記事を参考に↓

月額基本料0円で通話料半額「通話料いきなり半額」は音質がいい!/スマホ

 


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

関連コラム

関連Q&A

答えてQ&A

あんどろっぷは、スマートフォンの疑問や問題を、質問して解決できる
国内最大級のスマホQAサイトです。

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ