はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / アプリ活用術 / 2匹のアリの物語:アプリ「人生のエンドロールA」で自分を残そう!

2匹のアリの物語:アプリ「人生のエンドロールA」で自分を残そう!

アプリ活用術  この記事は約7分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

こんにちは、おしぃです。

 

東京都千代田区飯田橋

その飯田橋の一角にある小さな公園

 

このお話は、その公園に住む2匹のアリ

「イーダ」「チョーダ」のお話です

 

 

チョーダ:「ちょっとよか?」

 

イーダ:「ん?どうした?」

 

チョーダ:「今日うちのチームさ、カナブン担当やったとよ」

 

イーダ:「うん」

 

チョーダ:カナブンって滑るし、結構重かやん?」


イーダ:「うんうん、そうだね」

 

チョーダ:ここんとこ、暑かけんさ


イーダ:「うん」

 

チョーダ:「リーダーの隙ばついてサボっとったらくさ」


イーダ:「あ~ばれて怒られた?」

 

チョーダ:「そう、それが説教が長かとよ」


イーダ:「自業自得だろ(笑」

 

チョーダ:「サボる事ばっかりで、

おまえは自分の将来をどう考えてるんだとか」


イーダ:「チョーダ、サボり方がヘタだよな」

 

チョーダ:「それで、俺さ、言ってやったとよ」


イーダ:「何て?」

 

チョーダ:「チーム内だけでも1000アリくらいおるとに

出世とかどうせ無いやろ?と」


イーダ:「・・・・」

 

チョーダ:「そしたらリーダーちかっぱ怒ってさぁ」


イーダ:「そりゃそうだろ・・・」

 

チョーダ:「お前がアリとして、どう命を使うんだとか何とか」


イーダ:「多分、うちのリーダーでも同じ事言うわ・・・」

 

チョーダ:「ちょうどそこでくさ」


イーダ:「うん」

 

チョーダ:「リーダー、”ぷち”って人間に踏まれてさ」


イーダ:「はい???」

 

チョーダ:「人間に踏まれて、ぺっちゃんこ・・・」

 

イーダ:「いきなり?」

 

チョーダ:「そう、いきなり・・・」

 

イーダ:「えー!それ、リーダーまで巣に運ぶ事になるじゃん」

 

チョーダ:「そうたい、仕事量が2倍になったとよ・・・」


イーダ:「あらら・・・」

 

チョーダ:「でも、まあ、あの説教がもう聞けないと思うとさ」


イーダ:「切ないな・・・リーダーまで出世しても一瞬で終わりか・・・」

 

チョーダ:「うん、久しぶりに真面目に仕事ばしたわ」


イーダ:「それで新しいリーダーは誰になったん?」

 

チョーダ:「リーダーば運びながらくさ、新しいリーダーば決めよったとよ」


イーダ:「うん」

 

チョーダ:「それがさ、みんながチョーダをリーダーにと!!」


イーダ:「ええええええっ!!!まさかの出世っ!!!

 

チョーダ:「ようやくこの日が来たかと、俺が俺になる日が来たかと」


イーダ:「あ~、もうこれからは敬語だな・・・すげえや・・・」

 

チョーダ:「でもさ・・・」


イーダ:「うん?でも??」

 

チョーダ:「それがくさ、巣の入口あたりでリーダーが目覚ましてさ」


イーダ:「えー!!生きてたの?!」

 

チョーダ:「こらー!やめろー!俺はまだ生きてる!やめー!って・・・」


イーダ:「リーダー、タフだな(笑」

 

チョーダ:「聞こえんかったフリして冷蔵庫に入れちゃえ!ってどれだけ思ったか・・・」


イーダ:「いや、でも良かった、チョーダが遠い存在にならなくて(笑」

 

チョーダ:「バッタのヒロシがさ、その一部始終を見てくさ」


イーダ:「あ~、ヒロシいつも暇だしな」

 

チョーダ:チョーダくん、いつまで組織に縛られてるんだ、と」


イーダ:「でた、”くん”付け(笑」

 

チョーダ:時代はフリーランスだよ!とか言うけんさ


イーダ:「あいつ自由だもんな~」

 

チョーダ:「うるせえバッタ!

そげんとやけん冬に困るったい!!って言い返したら」


イーダ:「あ~、バッタにそれ言ったら駄目でしょ・・・」

 

チョーダ:「殴り合いの喧嘩になってくさ・・・」


イーダ:「だよなあ・・・」

 

チョーダ:「なあ、イーダ・・・」


イーダ:「ん?」

 

チョーダ:「人生っていったい何やろうな・・・」


イーダ:「いや、俺らアリやし・・・」

 

チョーダ:「じゃあ言いなおす、アリ生って何やろうな・・・」


イーダ:「う~ん・・・」

 

チョーダ:「俺も何千匹の中の1匹として終わるとやろか?

 

イーダはしばらく考えていたが、

ポケットからスマートフォンを取り出して

あるアプリをチョーダに見せた。


イーダ:「これやってみたら?」

 

チョーダ:「ん?”人生のエンドロールA”??」

イーダ:「自分で自分のプロフィールを登録しておくとね」

チョーダ:「うん」


イーダ:「適当にアプリが人生を作成して

エンドロールとして振り返れるようになるってわけ」

チョーダ:「ほ~、曲も流れるんやね、良かね~これ」


イーダ:「まあ、かなり破天荒な人生にされちゃうけど(笑」

 

チョーダ:「作成したエンドロール、ネットに登録できるやん」


イーダ:「うんうん、人のを見ても面白いよね」

 

チョーダ:「まあ、俺には必要なかね・・・」


イーダ:「ん?」

 

チョーダ:「良く考えたらくさ、何千匹っていう家族に囲まれて、

それだけで俺は幸せたい」


イーダ:「そうだな、アリの特権だな(笑」

 

チョーダ:「あれ?イーダ、ちょっとこれ見て・・・」


イーダ:「あ!」

チョーダ:「ヒロシの奴、エンドロール登録しとるやん!!」


イーダ:「ええええ!!」

 

チョーダ:「あいつ・・・キザでむかつくけど・・・」


イーダ:「色々あるんだなぁ・・・バッタにも・・・」

 

チョーダ:「色々あるとやねえ・・・」


2匹は、しばらく無言で遠くを見ていた。

 

チョーダ:「俺、明日ヒロシに謝るわ!」


イーダ:「そうだな」

 

チョーダ:「むかつく奴だけど友達やしな!!」


イーダ:「友達!!」


チョーダ:「友達!!」

イーダ:「友達!!」

 

チョーダ:「友達!!」

 

 

次の日、謝る為にヒロシに話しかけたチョーダだったが

ついついエンドロールを登録してる事をからかってしまい

再び大喧嘩になったのであった。

 

■「人生のエンドロールA」のダウンロードはこちら↓

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tukikuma.jinseirool

 


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ