はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / 通話 / 最近、一番長く話したのは誰? 通話時間・回数ランキングで直近の交友関係を分析

最近、一番長く話したのは誰? 通話時間・回数ランキングで直近の交友関係を分析

通話 アプリ活用術  この記事は約3分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

こんにちはー。皆さん、電話はしてますか?

それともメールやラインが主体で、電話はほとんどしない?

私は、PCのメール以外でいえば、電話>ライン>メールの順に多いです。

中でも電話は月の通話料が2万円近く行くほど、結構かけてますねえ。

 

で、ふと気になるのが、「誰と一番話しているのか?」

 

私の機種では、端末の電話帳アプリ「お気に入り」に、よく話す人が自動的にランキング表示されるシステムになっていますが、中には、電話はほとんどしてないのにSMSだけ頻繁に交わしている人が2位に挙がったりと、純粋に「電話で話した順」にはなってないのがキズ。

そこで、下記アプリをインストールしてみました。

「通話履歴カウンタ(CallLogCounter)」(無料)

以下、グーグルプレイの紹介ページより引用。

 

ケータイの通話履歴を分析し、あなたの交友関係の現状や推移を可視化するアプリ。

このアプリには、下記の3つの機能があります。

1.月間の通話時間・回数のランキング(TOP5〜15)を表示する機能
2.通算の通話時間・回数のランキング(TOP5〜15)を表示する機能
3.選択した通話相手との通話時間・回数の推移発信・受信の割合を表示する機能

 

例えば、「通話時間・回数ランキング」を見れば、最近仕事の電話ばかりで、家族と電話していないことに気づくかもしれません。

また、「通話相手を選択して分析」を行えば、昔と比べて恋人との電話が減っており、いつも相手からかかってきていたことに気づくかもしれません。

このアプリから何がわかるか、それはあなた次第ですが、とにかく分析を開始してみましょう。 (引用、以上)

 

これは面白そう!

 

早速トップ画面から、「月間 通話時間・回数ランキング」を選択。

 

最近一番長く話したのは……、長電話好きの友人A子でした!

2位、3位は仕事の担当者。4位、5位は電話取材した相手。

 

通話回数ランキングでは、1位2位は仕事の担当者。3位は非登録の相手(恐らく取材対象)、4位は留守番電話サービス。

いやはや、自分がどんな日常を送っているか、このランキングから想像されてしまいそうですね。

 

なお、この画面はランキング表示数を5件、10件、15件と選択できますが、それ以外は一切操作できない仕組みになっています。

つまり、特定の名前をランキングから除外したり、逆に入れ込んだりすることはできません。

(できたら、意味ないよね…)

 

そうそう、通話相手を選択すると、その相手との交友関係を分析ができるんでしたっけ。

こちらの方、本サイトの担当者様なんですが2月4日に19回電話して、その日のうちに通算30分も通話しています。この日に一体何があったのでしょう。

 

受信・発信の比率を見ると、青い部分の「発信」が53%と一番多い。

少なくともここ1か月においては、半数以上は私からかけているようです。

 

この分析結果を見て、何を感じ何をするかは人次第。

私? そうねえ。通話時間ランキングの上位者がもし同じキャリアなら、指定割引対象にするかなあ。それくらいです。

 

★「通話履歴カウンタ(CallLogCounter)」(無料)のダウンロードはこちらから↓

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ise.calllogcounter&hl=ja

【対応OS】アンドロイド1.6以降

 


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ