はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / アプリ活用術 / 2匹のアリの物語、アプリ「昆虫図鑑」には無い超昆虫とは?

2匹のアリの物語、アプリ「昆虫図鑑」には無い超昆虫とは?

アプリ活用術  この記事は約5分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

こんにちは、おしぃです。

 

東京都千代田区飯田橋

その飯田橋の一角にある小さな公園

 

このお話は、その公園に住む2匹のアリ

「イーダ」「チョーダ」のお話です

 

 

イーダ:「いててて・・・」

 

チョーダ:「ん?どげんしたと?」

 

イーダ:「左の二足目のスジ痛めてさ、辛いわ」

 

チョーダ:「あ~それは辛かね、

うちにあるシップ薬ば貸そうか?」

 

イーダ:「いや、いいわ。まだ回るし」

 

チョーダ:「でも、なんでスジ痛めたと?」

 

イーダ:「朝さ、人間に踏まれそうになっただろ?」

 

チョーダ:「そうやったっけ?」

 

イーダ:「ほら、やたら分厚い靴底の女」

 

チョーダ:「あ~思い出した、あいつね」

 

イーダ:「あの時、ジャンプして避けてスジつった」

 

チョーダ:「あの状態からのジャンプって難しかもんね」

 

イーダ:「人間ってアリの命を軽く見てるよな」

 

チョーダ:「いや~、そげんことなかよ」

 

イーダ:「なんでそう思う?」

 

チョーダは辺りを見回して誰も居ない事を確認し

イーダの耳元でコッソリ言った。

 

チョーダ:「誰にも言ったらいかんよ?」

 

イーダ:「え・・・?あ、おう・・・わかった・・・」

 

チョーダ:「俺さ、こないだ聞いたっちゃんね」

 

イーダ:「何を?」

 

チョーダ:「バッタのヒロシおるやん?」

 

イーダ:「ああ、ヒロシね」

 

チョーダ:「人間がくさ、ヒロシの事ばバッタって呼びよったと」

 

イーダ:「は?」

 

チョーダ:「バッタって呼びよったとよ」

 

イーダ:「いや・・・ヒロシはバッタだろ・・・?」

 

チョーダ:「いいけん最後まで聞かんね」

 

イーダ:「お・・・おう・・・??」

 

チョーダ:「その後にくさ、俺の事ばアリさんって呼んだとよ」

 

イーダ:「いや・・・俺らはアリだろ・・・?」

 

チョーダ:「まだ解らんとな?」

 

イーダ:「全然わからん・・・何?」

 

チョーダ:「俺らアリにだけ”さん”ば付けとるやん」

 

イーダ:「おお!」

 

チョーダ:「ヒロシはバッタ、俺らはアリ”さん”やぞ」

 

イーダ:「おおおおお!スゲエ!!」

 

チョーダ:「人間はちゃんと見とるとよ。真面目に働く俺らの姿を!」

 

イーダ:「やべっ、俺、感動して涙でそう」

 

チョーダはポケットからスマートフォンを取り出して

あるアプリをイーダに見せた。

 

チョーダ:「しかもくさ、このアプリば見てんね」

 

イーダ:”昆虫図鑑”?」
イーダ:「カブトムシでけえな、奴はやっぱりキングだよ」
チョーダ:「そこじゃなか!」

 

イーダ:「え?じゃあどこ見ればいいんだよ?」

 

チョーダ:「どの昆虫も”さん”が付いて無かろーが!!」

イーダ:「げええ!!マジだ!!呼び捨てだ!!」

 

チョーダ:「そう!!人間にとって俺らは”超昆虫”!!」

 

イーダ:「でもさ、チョーダ・・・ひとつ聞いていい?」

 

チョーダ:「何?」

 

イーダ:「このアプリさ、アリが見当たらないんだけど?」

 

チョーダ:「そ・・・それは、あれたい・・・」

 

イーダ:「あれ?」

 

チョーダ:「これは”昆虫”の図鑑やぞ、俺らは”超昆虫”!!」

 

イーダ:「チョーダ・・・」

 

チョーダ:「・・・・」

 

イーダ:「お前、マジですげえよ!!」

 

チョーダ:「超昆虫!!」

 

イーダ:「超昆虫!!」

 

チョーダ:「超昆虫!!」

 

イーダ:「超昆虫!!」

 

 

こうして、公園の夜はふけて行くのであった。

 

 

■「昆虫図鑑」のダウンロードはこちら↓

https://play.google.com/store/apps/details?id=air.incectdata

 


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ