はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / 裏ワザ / SIMフリーのスマートフォンで機種代金を抑える方法

SIMフリーのスマートフォンで機種代金を抑える方法

裏ワザ SIMカード スマホ入門  この記事は約2分で読めるよ

 

(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

SIMフリースのマートフォンで機種代金を抑える方法

私たちの日常で、必要不可欠となったスマートフォン。

スマートフォンの普及に伴い、毎月の利用料金が高いと感じたことはないでしょうか。
スマートフォンの利用料金を抑える手段として、「SIMフリースマートフォン」があります。
スマートフォンの利用料金の一部に、購入したスマートフォンの代金が加わっており、キャリアが販売するスマートフォンの大半は、8万円から10万円する代物ばかりです。

月々サポートや毎月割、月々割等の名称で、キャリアが機種代金の一部を負担するサービスもありますが、それでも、割引後の実質負担額は機種によってまちまちで、スマートフォンの種類によっては割引後の実質価格が3万円から4万円する場合もあります。

使い方によっては、8万円、9万円するスマートフォンの性能じゃなくても良いわけであり、自分の使い方にあったスマートフォンをきちんと選べば、2万円から3万円の範囲で購入することができます。

 

格安スマホサービスに興味がある方はこちらの記事もご一緒に↓
豊富なプランが魅力! DMMの格安スマホサービス

 

 

SIMフリーのスマートフォンの購入方法

3e2e1f5b

SIMフリーのスマートフォンは、キャリアに属していない販売方法なので、従来のスマートフォンとは購入方法が異なります。
一般的な購入方法としては、家電量販店やインターネット通販が挙げられます。
一昔前までは、大きな都心型家電量販店ぐらいしか取り扱っていなかったのですが、昨今では地方の郊外型家電量販店などで購入することができます。以前と比べると、店頭での購入が楽になりました。

インターネット通販でも、Amazon(アマゾン)等でも販売されるようになり、近くに家電量販店がないエリアの人も気軽に購入することができます。

 

SIMフリースマートフォンとMVNO

simカード

MVNO( エムブイエヌオー)とは、仮想移動通信事業者の略称で、一般的に「格安スマホ」としてキャリアよりも安いプランを提供しています。
SIMフリースマートフォンは、キャリアとも契約することができますが、よりスマートフォンの利用料金を下げたい場合は、MVNO(エムブイエヌオー)と組み合わせることで、キャリアでスマートフォンを持つよりも安く利用できます。

 

最近では、MVNOが提供する安いプランをとSIMフリースマートフォンがセットで販売しているMVNOも出てきており、家電量販店やショッピングモールに専用のカウンターも設けているので、キャリアのケータイショップ同様にMVNOとSIMフリースマートフォンが買いやすい環境が揃っています。

 

格安スマホサービスに興味がある方はこちらの記事もご一緒に↓
豊富なプランが魅力! DMMの格安スマホサービス

 

(ログインするとあとで読むリストに追加できます)
 

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ