はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / 新情報 / 他社、中古のスマホも補償してくれる「BIGLOBE SIM」

他社、中古のスマホも補償してくれる「BIGLOBE SIM」

新情報 SIMカード  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

original

画像元:http://i-sharing.biz/

スマートフォンの利用料金を抑えることで注目を浴びている格安スマホ。
今まで使ってきたスマートフォンや中古のスマートフォンを使えば、支払いは通信費だけになるので、月々の負担を軽減することができます。

しかし、今まで使ってきたスマートフォンや中古のスマートフォンは、保証サービスがないので、落下によるスマートフォンの破損や水没、自然故障などのトラブルに遭遇した時のことを考えると、安心して使うことができません。

このような現状を打破するサービスとして、「BIGLOBE SIM(ビックローブシム)」があります。
BIGLOBE SIM(ビックローブシム)には、保証サービスが充実しており、今まで使ってきた他社のスマートフォンや中古のスマートフォンの保証をサポートしてくれます。

このサービスの詳細について見ていきましょう。

【公式サイト】

BIGLOBE SIM端末保証サービス
本体代金が安いスマートフォンに興味がある方はこちらの記事を参考に↓
19,800円で買えてしまう「ZenFoneGo」と「ZenFone2」の違い

 

広告

■サービスが受けられるユーザーの条件「BIGLOBE SIM」

BIGLOBE SIM(ビックローブシム)の保証サービスを受ける条件として、BIGLOBE SIM(ビックローブシム)の通信回線を契約しているユーザーに限ります。
また、Android(アンドロイド)搭載のスマートフォン、タブレット端末に限定されており、90日以内にBIGLOBE SIM(ビックローブシム)での通信を行った実績がある端末に限られています。

つまり、上記の条件さえ満たせば、保証の対象になるので、キャリアやメーカーの保証が切れたスマートフォンや、保証対象がわからない中古のスマートフォンでも安心してサポートが受けられるわけです。

更に、保証の台数制限はないので、BIGLOBE SIM(ビックローブシム)を複数契約しているユーザーであれば、同一契約の保証サービスで複数台がサポートされます。

 

■注意しておきたいポイント「BIGLOBE SIM」

BIGLOBE SIM(ビックローブシム)の保証サービスには、注意しておきたいポイントがあります。
月額料金は500円になっており、保証上限金額は40,000円。1年間に2回までしか受けることができません。

自然故障の場合は、スマートフォン、タブレット端末が発売されてから36ヶ月までが保証期間になっていますが、破損の場合は、本サービスを解約するまでが保証期間です。

保証が受けられる期間は、申し込み日を含む月の翌月1日からスタートするので、例えば、8月10日に申し込みをした場合、9月1日から保証サービスがスタートします。そのため、8月10日から8月31日の間に故障した場合は、保証対象外となってしまいます。

本体代金が安いスマートフォンに興味がある方はこちらの記事を参考に↓
19,800円で買えてしまう「ZenFoneGo」と「ZenFone2」の違い


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ