はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / 裏ワザ / 【iPhone】パスコードにアルファベットを加えて複雑にしよう!(アイフォン・セキュリティ)

【iPhone】パスコードにアルファベットを加えて複雑にしよう!(アイフォン・セキュリティ)

裏ワザ iPhone入門 セキュリティ  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

毎日の生活を便利で楽しいものにしてくれるインターネット。しかし、ネットの世界は便利な反面、個人情報の漏洩リスクがつきものです。

 

iPhoneのパスコードはそんな情報漏洩のリスクを妨げ、大切な個人情報を守るための大切な砦。多少面倒であってもちゃんと設定しておきたいところですよね。

 

ただそんな大事なパスコードですが、4桁の数字だけですとどこか心許ない気もします。4桁の数字ということは、0000から9999までの数字の羅列、つまり計1万種類あるわけですので、適当に数字を入力しても1万分の1の確率で当たる可能性があります。

 

1万分の1の確率は確かに低いですが、絶対にないとは言い切れません。そこで今回は、第三者にパスコードをあてられる確率をより低くする、アルファベッドを追加してパスコードを複雑化する裏技を紹介します。

 

■パスワードにアルファベッドを追加する方法

 

パスコードはなにも数字だけではありません。実はアルファベッドもパスワードにすることができます

 

パスワードにアルファベッドを追加するためには、まず【設定】を開きます。
設定をタップ

 

次に【Touch IDとパスコード】をタップします。
タッチアイディとパスコードをタップ

 

【簡単なパスコード】をタップしてオフの状態にします。
簡単なパスコードをオフにする

 

【簡単なパスコード】オフにすると、現在のパスコードを入力する画面になります。ここでパスコードを入力します。
現在のパスコードを入力

 

現在のパスコードを入力すると、次に新しいパスコードを入力することができるのですが、このときキーボードに注目してください。アルファベッドが入力できるようになっています
パスコードにアルファベッドが追加できる

 

数字だけでなくアルファベッドもパスコードとして使用することで、より難易度の高いパスコードを設定できるようになります

ちょっと数字だけでは心配というときにぜひ試してみたいiPhoneの裏技ですね。


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ