はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / iPhone入門 / AirDropは危険?相手に名前を知られない設定方法【iPhone】

AirDropは危険?相手に名前を知られない設定方法【iPhone】

iPhone入門 セキュリティ  この記事は約4分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

iPhoneに標準されているAirDropという機能。みなさんはご存知ですか?

全く使ったことがないし、使い方すらわからないという人もいるかと思います。

使ってみると便利なAirDropなんですが、使い方を調べてみると“他人に名前を知られてしまう”というなにやら不穏な情報が目につきます。

今回は、AirDropは実は危険なのではないか?という疑問を解決していきます。

【もくじ】

AirDropについて調べるとよく目にするのが、周囲の人に名前を知られてしまうというものです。

これは一体どういうことなのでしょうか。

そもそもAirDropとは、他のiPhoneなどに無線で写真を送ることができる機能です。今までは他の人に写真を送る際はメールやLINEに添付するなどの方法をとらなければなりませんでしたが、AirDropを使うことで、そのやり取りが簡単になりました。

(携帯などに搭載されていた赤外線通信のようなイメージです)

つまり、他のiPhoneとやり取りができるために、名前を知られる可能性があるということです。

しかし、これは対策することで安全になるので、対策方法をご紹介します。

 

AirDropの設定方法について

まずAirDropには3種類の設定があります。

ホーム画面の下から上に向かってなぞると、このような画面が表れますので、中央の「AirDrop」をタップ

すると「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」という設定項目が表れます。

「受信しない」はAirDropの機能そのものを停止している状態です。全く使わない人はこの設定にしておきましょう。

 

「連絡先のみ」は連絡先を登録している人のみと接続できます。この設定にしておけば、知らない人に名前を知られるということは防げます。

 

・最後に厄介なのが「すべての人」です。もしこの設定になっていると、周りの人のiPhoneに自分の名前が表示される可能性があります。

ではなぜ「すべての人」という設定があるのかというと、個別のアドレスがないiPadなどを持っている人はこの設定をしておくことでiPadに対してもAirDropを使えるのです。

 

知らぬ間に設定が変わっている可能性があるので注意しましょう。

 

インターネット共有でも名前を知られる?

AirDropの設定が「すべての人」になっていても、絶対に名前を知られるわけではありません。

実はこの時表示される名前は、アドレス帳に登録している名前ではなく、iPhone自体につけている名前です。

 

設定アプリを開き、「一般」→「情報」と進むと、一番上に名前が表示されます。これがiPhone自体についている名前です。

名前と書かれているのでついつい本名を設定しがちになってしまい、この設定のせいで名前を知られてしまうことがあります。

もしここの部分が本名になっているのであれば、ローマ字表記や「○○のiPhone」のような表記に変えてみましょう。

 

そして、ここで設定している名前はAirDropだけに表示されるものではありません

 

iPhoneにはインターネット共有という機能があります。これはiPhoneからWi-Fiの電波を発信させてノートパソコンなどをWi-Fi接続できるというものです。(テザリングというやつですね)

 

もしこの機能を使って外でパソコン作業をしている場合、他の人のパソコンやスマホにもWi-Fiが表示されます。

AirDropよりもこちらで名前を知られる可能性もあるので、名前の設定は今一度見直してみましょう

 

⬇あわせて読みたい記事⬇

⬇解決できるかも、あなたのスマホ疑問。⬇

新着Q&A ‖ スマホで困ったときのQ&Aサイト『あんどろっぷ』

※Googleアカウントをお持ちの方は質問と回答が可能です。


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

関連コラム

関連Q&A

答えてQ&A

あんどろっぷは、スマートフォンの疑問や問題を、質問して解決できる
国内最大級のスマホQAサイトです。

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ