はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / スマホ用語 / スマホ用語集「トラフィック」とは?意味解説

スマホ用語集「トラフィック」とは?意味解説

スマホ用語 スマホ入門  この記事は約3分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

こんにちは。

知っているようで知らないスマホ用語集シリーズ。

今日は「トラフィック」について、おなじみUさんに教えていただきましょう。

*     *     *

ヨーコ:

今日はスマホにおける「トラフィック」について教えてください。

直訳すると「交通」や「交通量」、「行き来する車」という意味ですが…。

 

Uさん:

そうですね。

トラフィックは、ネットワーク上を移動する音声、画像、文書などのデジタルデータを意味するのと、

これらのデータの転送量・情報量を意味します。

したがって、直訳の意味で遠くはないですね。

 

ヨーコ:

情報量も意味するのですね。

 

Uさん:

一昨年、こんな報道がありましたね。

「2011年から2017年の間にスマホのトラフィックは20倍になるだろう」(Ericssonが発表したトラフィックレポートより)

2019年のトラフィック予想は、2013年と比べてビデオ(動画)によるトラフィックが半数以上に増加、とも。

 

ヨーコ:

確かに、ITオンチのど素人でもショートムービーを簡単に作れるようになりましたからね。

動画を圧縮するアプリもあるし、動画の送受信は増えていくでしょうね。

 

Uさん:

ヨーコさん、自分のスマホのトラフィック量がどれくらいか知ってます?

 

ヨーコ:

いいえ、さっぱり。

 

Uさん:

「設定」から「データ使用」をタップすると、何のアプリにどのくらいのデータ量を使っているかが分かりますよ。

2014-02-05 23.27.24 - コピー

 

ヨーコ:

早速チェック!

おお。すごいデータ量…。

2014-02-05 23.15.21

毎日写真を撮っているからか、写真が自動アップロードされるドロップボックスとグーグルプラスがトップに来てますね。

 

Uさん:

写真、結構撮ってるんですね。

ここを見ると、どれくらいの通信量を使っているかが一目瞭然でしょう。

 

ヨーコ:

ええ。恐ろしいほどわかりました。

このまま個人のトラフィックが増えていくと、スマホ業界ではどう影響するのでしょうか?

 

Uさん:

まず、データ通信が混乱して繋がりにくくなるパケ詰まり現象が起こります。

http://andropp.jp/column/cat_introduction/000415864/

 

ヨーコ:

えーっ。それは困りますね。

 

Uさん:

もちろん、対策は講じられていますよ。

通量が増えると、その分より交通をスムーズにするため、

ネットワーク通信技術が向上します。

例えば、3GからLTEや4Gに進化していっているのもその一つ。

 

ヨーコ:

何かが進化すれば、それに伴って他の技術も進化する。

スマホには多種多様な技術が入っているから、今後もどんどん使い勝手が良くなっていくんでしょうね。

 

Uさん:

そうそう。もちろん、初心者には機能が多すぎてついていけない面もありますが、

一度慣れればね。

機能が多くて技術も高度なほうが断然使いやすいですからね。

ヨーコさんはもう慣れましたか? 

 

ヨーコ:

はい。スマホ歴3年目になりますが、知らない機能はないと言っていいほどです!

 

Uさん:

その割には知らないスマホ用語が多い気もしますが…。

まあ、分からないことがあればまたいつでも聞いてくださいね!

 

ヨーコ:

今日もありがとうございました!

 

 


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ