はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / 裏ワザ / 使わないアプリはバックグランド更新を無効にして節電!/iPhone,アイフォン

使わないアプリはバックグランド更新を無効にして節電!/iPhone,アイフォン

裏ワザ iPhone入門 バッテリー・充電  この記事は約1分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

インストールしたばかりの頃は物珍しさからアプリを頻繁に使っていたものの、ある程度時間が経過すると使用回数が極端に減ってしまうことってよくありますよね。

もっとも、最近のアプリは無料で手に入ることが多いので、沢山インストールしたからといって経済的に損をするわけではないです。ただ、大量のアプリがあると無駄にバッテリーを消費するという問題が発生します

本当に使わないアプリなら削除する】だけでバッテリーの問題は解決されます。しかし、アプリの中には頻度こそ少ないものの、全く使わないわけではないアプリもあるでしょう。

そこで今回は、使用回数が少ないアプリのバックグランド更新を無効にして、バッテリーを節電する方法を紹介します。

 

■アプリのバックグラウンド更新を無効にする

 

使用回数の少ないアプリのバックグラウンド更新を無効にするためには、まず【設定】をタップします。
設定タップ

 

次に、【一般】をタップします。

一般をタップする

 

【APPのバックグラウンド更新】をタップします。
APPのバックグラウンド更新をタップiPhone

 

【APPのバックグラウンド更新】のアプリの一覧の中から、利用機会の少ないアプリを選択。タップをして、オフの状態にします。
バックグラウンドをオフの状態に変更iPhone

これで、使用頻度の少ないアプリのバックグラウンド更新は無効になります。この設定をすることで、余計なバッテリーの消費を防ぐことができるので、節電の役に立ちます。


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ