はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / アプリ活用術 / AR機能が凄い!カーナビアプリ・ナビローで迷わず目的地へ行こう/iPhone

AR機能が凄い!カーナビアプリ・ナビローで迷わず目的地へ行こう/iPhone

アプリ活用術 スマホ入門 その他  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

カーナビアプリ・ナビローで迷わず目的地へ行こう/iPhone

慣れない土地や初めての場所に車や徒歩で目的地に行くために、無くてはならないのがスマートフォンのナビゲーション・アプリ。

これを使えば案内してくれるのでとても重宝しますね。

iPhoneなら、『【iPhone】目的地までの道順をsiriに教えてもらう方法』といった方法もありますが、さらに進化しているのが、『ナビロー』というアプリ。その特徴的な機能で、さらにわかりやすい道案内をしてくれます。

 

ナビを使ってみよう

目的地を決めてナビを使ってみましょう。

起動するとこの画面になります。

写真 2016-09-13 0 52 27

ここに目的地を入力して検索します。

写真 2016-09-13 0 59 09

今回はフリーワードに『スカイツリー』と入力し、虫眼鏡マークをタップします。

写真 2016-09-13 0 59 25 

一覧が出てきました。選択すると灰色になるので、『目的地に設定』をタップします。

写真 2016-09-13 0 59 34

ちなみに、下記のように近い順人気順のいずれかを選択することもできます。

写真 2016-09-13 1 00 29

スカイツリーまでのルートが現れました。

問題なければ、『ここへ行く』をタップします。

写真 2016-09-13 1 00 59

ナビが始まります。

写真 2016-09-13 1 04 49

 

広告

ルートナビでシミュレーションしてみよう

ここまでは一般的なナビと同じですが、『ルートナビ』で行先までの案内をシミュレーションできます。

『ルートナビ』をタップしてください。

写真 2016-09-13 1 04 37

右側にバーが出てくるので、ビデオや音楽プレーヤーのように再生することができます。

バーで一気に先まで進んだり、倍速を変えるとリアルタイムの時間経過から早回しも可能です。

これで分岐点などの確認が運転前にできますね。

写真 2016-09-13 1 01 49

 

AR機能でナビ画面と実画面を合体!

AR機能を使うと、なんとナビ画面とカメラの実画面が合体して表示されます。

カメラをダッシュボードなどに固定してARのボタンをタップします。

写真 2016-09-13 1 04 01

調整画面で簡単な設定を行うと、運転中はこんな画面になります!。

実際にカメラで写した画面と重なるので、これは運転の行先間違いを減らせそう。

写真 2016-09-13 1 12 31

この『ナビロー』があれば、行先に到着するまで迷うことはなくなりそうです。

 

【iPhone】目的地までの道順をsiriに教えてもらう方法

⬆コチラの記事ではSiriに案内してもらう方法について書いています


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ