はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / SIMカード / MVNOでも話し放題「FREETELでんわ」

MVNOでも話し放題「FREETELでんわ」

SIMカード アプリ活用術  この記事は約3分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

携帯電話の話し放題はキャリアでは当たり前になったサービスですが、基本料金が高いデメリット面があり、スマートフォンの基本料金を抑えたいユーザーには、あまり恩恵がないサービスとも言えます。

 

格安スマホを提供するMVNO(エムブイエムオー)事業者でも、なかなか話し放題のサービスまでこぎつけることができないのが現状です。

 

そのような中、MVNO(エムブイエムオー)事業者としてかけ放題サービスを提供しはじめたのがFREETEL(フリーテル)の「FREETEL(フリーテル)でんわ」と言うサービスです。

キャリアの話し放題サービスと何が違うのか、そして、料金面はどのようになっているのかをご紹介します。

 

FREETELが販売するSIMフリースマートフォンに興味がある方はこちらの記事を参考に↓

SIMフリースマートフォンを販売するFREETELの魅力

 

■これがMVNOの話し放題サービス「FREETELでんわ」

 

無題

 

FREETEL(フリーテル)でんわは、FREETEL(フリーテル)を契約しているユーザー向けのサービスです。

話し放題プランも2種類用意されており、1分かけ放題であれば、月額399円、5分間であれば、月額840円になります。5分以上の通話になると、かけ放題ではなくなりますが、超過分は、30秒につき10円が発生します。

MVNO(エムブイエムオー)事業者の音声通話プランの多くが、30秒につき20円発生していることを考えると、FREETEL(フリーテル)でんわは、半額の金額で通話ができるのですね。

 

FREETEL(フリーテル)でんわは、専用のアプリを通して音声通話をおこなうのですが、他のIP電話アプリとは異なり、050などの新しい電話番号ではなく、既に使っている携帯電話の電話番号を使用します。

また、IP電話はデータ通信回線で音声通話をおこなうので、通話中に回線が切れてしまったり、ハウリングなどが発生してしまう場合がありましたが、FREETEL(フリーテル)でんわは、電話回線を使うので、従来の携帯電話の音声通話同様の通話品質を利用できます。

 

■「FREETELでんわ」対応端末の種類

 

FREETEL(フリーテル)のサービスなので、FREETEL(フリーテル)が販売しているスマートフォンしか使えないのか?と思うユーザーも多いのではないでしょうか。

FREETEL(フリーテル)でんわは、FREETEL(フリーテル)が販売しているスマートフォン以外にも対応しており、使用するSIMカードがFREETEL(フリーテル)であれば、利用できます。

 

対応OSもAndroid(アンドロイド)とiOS(アイオーエス)に対応しているので、XPERIA(エクスペリア)やiPhone(アイフォン)などでも利用可能です。

FREETELが販売するSIMフリースマートフォンに興味がある方はこちらの記事を参考に↓


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

関連コラム

関連Q&A

答えてQ&A

あんどろっぷは、スマートフォンの疑問や問題を、質問して解決できる
国内最大級のスマホQAサイトです。

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ