はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / カメラ/写真・画像・動画 / 複数の画像をまとめて共有したいときは、「データ便」アプリを使ってメール送信しよう

複数の画像をまとめて共有したいときは、「データ便」アプリを使ってメール送信しよう

カメラ/写真・画像・動画 アプリ活用術  この記事は約3分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

こんにちは。お盆休みで帰省されているかた、夏の思い出を作っているかたも多いのではないでしょうか。

夏の思い出といえば、写真。この写真を友だちや家族とどう共有するか。

方法はいくつかあります。

 

①NFCや赤外線を使ってデータ送信

その場に共有したい相手がいることが条件。加えて、NFCは対応端末(OS4.0以降はほぼ対応)同士でなければ通信ができません。特にNFCは複数の画像をまとめて、しかも瞬時に送れるという点でおすすめです。

なお、赤外線は2MB以上の画像は送信できません>‗<

・NFCの使い方

http://andropp.jp/column/new_models/301311716/

・赤外線の使い方

http://andropp.jp/column/cat_infrared/001411694/

 

②SNSに投稿

⇒フェイスブック、ツイッター、グーグルプラスなどに投稿。画像が重すぎる、写真をまとめてUPしようとしたら「容量オーバー」でエラーになった、というときは送信前に画像リサイズを行いましょう。

・画像リサイズの仕方

http://andropp.jp/column/cat_aboutapp/001412541/

 

③データ便アプリで画像をまとめてアップロードしたうえで、そのURLをメール送信

⇒上限はあれど、離れている相手で、SNSも利用していない人にはこの方法が最適かと。

USBケーブルでアンドロイド端末とパソコンをつなぎ、画像をパソコンに移す方法もありますが、結局はデータ便などのアップロード媒体を使うこと多いですからね。

 

使い方は、「写真を選ぶ」→「送信先を入力」→「送信」。この3ステップで完了します。

同時に3つの宛先に送信でき、有効期限は最長3日

一度に送れる枚数は10枚までと限られていますが、逆にいえば10枚程度の写真を送ったり受け取ったりするには、双方手間がかからないので大変おすすめです。

今日はその「データ便」アプリの使い方をご紹介します。

 

■データ便アプリで、画像を送る

事前にデータ便を使うための登録を済ませておきます。

アプリを起動し、「データを人に送る」を選択。

Screenshot_2013-08-12-02-47-30(3)

 

送る写真を選択。

Screenshot_2013-08-12-02-48-42

 

※注意:一度に送れるのは10枚までです。

Screenshot_2013-08-12-02-48-36

 

「受信者」、すなわち送信相手の名前とメルアドを入力し、「確認」ボタンを。

Screenshot_2013-08-12-02-49-12

 

確認画面で送信内容をチェックしたうえで、「送信」!

Screenshot_2013-08-12-02-50-07

 

■データ便経由で画像を受け取る

受信側には、次のようなメールが届きます。

データ便1

 

URLをタップすると、ウェブ上のダウンロード画面に飛びます。

データ便2

 

あとは、ひたすらファイル名をクリックしていくだけ。クリックするとファイルを開いたり保存できたりします。

一度開封、あるいは保存したファイルは色が変わります。

データ便3

離れている相手にはデータ便アプリ、

SNS投稿には画像リサイズアプリ、

その場にいるアンドロイドユーザーに送るには赤外線かNFCと、

うまく使い分けたいですね。

データ便は、メールアドレスとインターネット環境さえあれば誰でも受け取れるのがうれしいですねぇ。

 

★「データ便」(無料)のダウンロードはこちらから↓
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.datadeliver.app

【対応OS】アンドロイド2.1以降


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ