はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / アプリ活用術 / アプリ『ひよこボタン』電車・バス内のパパママへおもいやり!

アプリ『ひよこボタン』電車・バス内のパパママへおもいやり!

アプリ活用術  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

電車やバスの中で、とつぜん聞こえる赤ちゃんの泣き声。
ガヤガヤしている車内ではともかく、
静かな車内では目立ってしまうものですよね。

周囲を気にかけてアタフタしているパパ・ママを見て
「大変だなぁ…」「気にしなくていいのになぁ…」と思いつつも、
話しかけるには、けっこう勇気が必要。

どうすればよいのかもわからず、なんとなくモヤモヤしながら
過ごしてしまうことはありませんか?
そんなときに、活用してほしいのが今回ご紹介するアプリ「ひよこボタン」です。

ひよこボタンの生まれた背景について

ひよこボタンのアイデアは月曜~金曜の8時15分から放送している
NHK朝番組「アサイチ」の「気を使いすぎ? 社会」と題したコーナ内で生まれました。
発案者は番組キャスターをつとめるV6の「イノッチ」こと、井ノ原快彦さん。

「赤ちゃんの鳴き声によって周囲に迷惑をかけてるのでは…」
と感じているパパママの声を拾い上げ
「大丈夫ですよ」「気にしていませんよ」のサインを知らせるボタンを提案。

そのアイデアに賛同し、このアプリが生まれました。

 

広告

ひよこボタンの使いかたは?

ひよこボタンの使い方はとってもカンタン。
インストールしたらボタンを押すだけです。
ピヨピヨと可愛らしい鳴き声が聞けます。

電車やバスの中で、小さな赤ちゃんが泣いて
パパママがどうにも居心地が悪そうにしていたら、ひよこボタンアプリを起動しましょう。

ひよこの鳴き声が困っているパパ・ママへ
「大丈夫ですよ」「気にしていませんよ」のアピールになります。
ひよこボタンを何回か押して再生してみたところ、鳴き声がパターンかありました。

 

メッセージの変更も可能

メッセージ部分をタップすると、メッセージも変更も可能です。

「この文字をタップすると~」のメッセージから
「気にしていませんよ」へ変更できました。

メッセージ機能がついているのは素晴らしいとは思うのですが、
席が離れているパパママへメッセージを届けるとならば
もう少し、文字のサイズを大きくできたらいいな…と思います。

 

まとめ

見知らぬ人に、いきなり話しかけるのは勇気がいるもの。
直接声をかけることはできなくとも、何かしらのアクションを起こせば
お互いの気持ちが楽になるのではないでしょうか。

このひよこボタン、まだあまり知られていないように思います。
ひよこボタンがもっと普及して欲しい…その思いがあり
今回、ひよこボタンアプリをご紹介させていただきました。
頑張れ!パパママ!

こちらの記事も合わせてお読みください

キッズ向け!スマホで、ひらがなマスター「もじガッキー」【知育アプリ】


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ